超薄型“グラフェン”ヒートシンク搭載のNVMe SSD、Team「CARDEA ZERO PCIe M.2 SSD」

2017.09.29 16:00 更新

2017.09.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
Team Group(本社:台湾)は2017年9月29日、高熱伝導素材“グラフェン”採用の薄型ヒートシンクを搭載させたM.2 NVMe SSD「CARDEA ZERO PCIe M.2 SSD」を発表した。容量は240GBと480GBの2モデル展開。
  • 超薄型“グラフェン”ヒートシンク搭載のNVMe SSD、Team「CARDEA ZERO PCIe M.2 SSD」
  • 超薄型“グラフェン”ヒートシンク搭載のNVMe SSD、Team「CARDEA ZERO PCIe M.2 SSD」

ノートPCにも搭載できる超薄型ヒートシンク採用

CARDEA ZERO PCIe M.2 SSDシリーズ
TM8FP2240G0C111(240GB)/TM8FP2480G0C111(480GB)
http://www.teamgroupinc.com/en/product/T-Force%20Gaming/SSD/M.2%20SSD/CARDEA%20ZERO%20PCIe%20M.2%20SSD

PCI-Express3.0(x4)接続に対応するNVMe M.2 SSD。ノートPCやハイエンドタブレットPC向けにデザインされた製品で、特許取得の超薄型ヒートシンクを搭載する。

ヒートシンクの素材には銅箔と断熱材に加え、高熱伝導炭素素材“グラフェン”を採用。これにより、超薄型ながら優れた冷却性能を実現しており、単体使用時に比べて最高約9℃も温度を下げることができるという。

容量ラインナップは240GBと480GBの2モデル。転送速度はシーケンシャル読込2,600MB/sec、書込1,450MB/sec(240GBモデルは1,400MB/sec)、ランダム読込は180,000 IOPS、書込150,000 IOPS(同140,000 IOPS)。またTRIM、ガーベッジコレクション、ウェアレベリング、ECCなどの機能を備える。

外形寸法は、W22×D80×H3.3mm、重量8g。MTBFは200万時間、書込耐性は240GBが335TBW、480GBが670TBWで、製品保証は3年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Team Group: http://www.teamgroup.com.tw/

totop