“Hive Fin”採用のCRYORIG製サイドフロー「H7」にRyzen対応モデル登場

2017.09.14 12:35 更新

2017.09.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社ディラック(本社:東京都千代田区)は2019年9月14日、Socket AM4リテンションが付属する、CRYORIG(本社:台湾)のサイドフローCPUクーラー「H7 V2」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は9月15日で、市場想定売価は税抜き5,500円前後。
  • “Hive Fin”採用のCRYORIG製サイドフロー「H7」にRyzen対応モデル登場
  • “Hive Fin”採用のCRYORIG製サイドフロー「H7」にRyzen対応モデル登場

Socket AM4リテンションが同梱

H7 V2 市場想定売価税抜5,500円前後(9月15日発売)
http://www.dirac.co.jp/h7/

ハニカム構造の独自フィンデザイン“HiveFin technology”を採用する、CRYORIG製サイドフローCPUクーラー「H7」に、Socket AM4リテンションを同梱した「H7 V2」が登場した。

ヒートシンクを2つのゾーンに分け、それぞれのヒートシンクピッチを変える事で空気の流れを高速化する「Jet Fin Acceleration Technology」や、ヒートパイプ位置を最適化し、冷却性能を高める「Heatpipe Convex-Align System」など独自技術を搭載。8コア/16スレッドのRyzenシリーズにも対応する高い冷却性能を発揮する。

銅製のヒートパイプはφ6mm×3本で、冷却ファンは口径120mm(330~1,600rpm±10%)。外形寸法は、W123×D98×H145mm、重量577g。なおスペックについては、こちらのプレスリリースに詳しいので合わせて参照いただきたい。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
CRYORIG: http://www.cryorig.com/
株式会社ディラック: http://www.dirac.co.jp/

totop