GTX 1080を搭載できる2.7Lの小型ベアボーン、ASRock「DeskMini GTX/RX」正式発表

2017.09.01 11:02 更新

2017.08.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2017年8月31日(現地時間)、MXMスロットを搭載する2.7リットルサイズの小型ベアボーンキット「DeskMini GTX/RX」を正式発表した。
  • GTX 1080を搭載できる2.7Lの小型ベアボーン、ASRock「DeskMini GTX/RX」正式発表
  • GTX 1080を搭載できる2.7Lの小型ベアボーン、ASRock「DeskMini GTX/RX」正式発表

独自MicroSTX規格対応の小型ベアボーンキット

「COMPUTEX TAIPEI 2017」で披露された2.7リットルサイズの小型ベアボーンキット、ASRock「DeskMini GTX/RX」が正式発表された。

マザーボードには、MiniSTXから基板サイズを2インチだけ拡張した独自規格MicroSTXフォームファクタを採用。基板上にはノートPC向けグラフィックスカード用スロットMXMを備え、コンパクトながらGeForce GTX 1080までのハイエンドGPUを搭載することができる。

2017comp_DeskMini_1024x768g
「COMPUTEX TAIPEI 2017」で披露されたMicroSTXフォームファクタのマザーボード。チップセットはIntel Z270とIntel B250の2種が用意される

チップセットはIntel Z270またはIntel B250、ソケットはLGA1151で、TDP65WまでのSkylakeおよびKaby Lakeに対応。メモリはDDR4-2400 SODIMM×2(最大32GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×2、M.2×2(32Gbps)、M.2×1(SATA)で、Intel Optane Memoryをサポートする。

DeskMini_GTXRX_1024x768c DeskMini_GTXRX_1024x768d

インターフェイスは、USB3.1 Gen.1 Type-C×1、USB3.1 Gen.1 Type-A×3、USB2.0×2、HDMI×2、DisplayPort×1、miniDisplayPort×1、ギガビットLAN×1など。外形寸法は、213×154.5×81.9mm。電源はACアダプタ駆動で、最大出力は270W(ベアボーン構成によって異なる)。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop