Intel、データセンター向け新SSD発表~1Uで1PBに対応する新フォームファクタ“Ruler”を予告~

2017.08.08 18:25 更新

2017.08.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年8月7日(現地時間)、データセンター向けSATA3.0(6Gbps)SSD「SSD DC S4000」シリーズを発表。また1Uラックマウントサーバーで大容量ストレージを可能にする新フォームファクタ「Ruler」を予告した。
  • Intel、データセンター向け新SSD発表~1Uで1PBに対応する新フォームファクタ“Ruler”を予告~

冗長性を備えたデュアルポートSSDも準備中

Intel Further Delivers on Storage Transformation with New SSD Form Factor and Innovative Designs
https://newsroom.intel.com/news/intel-delivers-storage-transformation-new-ssd-form-factor-innovative-designs/

Intelはデータセンター向けSATA3.0(6Gbps)SSDの新製品「SSD DC S4000」シリーズを発表した。

製品ラインナップは混合ワークロード向けの「SSD DC S4600」と、読込中心ワークロード向けの「SSD DC S4500」の2モデル展開。いずれもフォームファクタは2.5インチで、容量は前者が240GB~2TB、後者が240GB~4TB。

NANDフラッシュはいずれも32層の3D NANDフラッシュで、インテル独自開発のコントローラとファームウェアを採用。現在HDDでシステムを構築しているレガシーインフラ向けサーバーの性能と消費電力を改善できるとしている。

またデータセンター向けSSDの新フォームファクタ「Ruler」を予告。詳細は明らかにされていないが、サーバーシステムで重要な冷却性能と省電力性を意識した設計が特徴。なお現在開発中の対応SSDは3D NANDフラッシュを採用し、1Uの薄型ラックマウントサーバーで1PBの大容量化が可能になるという。

その他、SAS HDD/SSDの代替として、冗長性を備えたデュアルポートSSD「SSD DC D4500/4502/4600」シリーズを開発中。こちらは2017年第3四半期より製品出荷が開始される予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop