NZXT、CPUクーラーのRyzen Threadripper対応状況をアナウンス

2017.08.02 12:02 更新

2017.08.02 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NZXT(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年8月2日、AMDの新ハイエンドCPU Ryzen ThreadripperへのCPUクーラーの対応状況をアナウンスした。対応モデルはオールインワン水冷3種で、いずれもCPU付属のリテンションが使用できる。
  • NZXT、CPUクーラーのRyzen Threadripper対応状況をアナウンス

オールインワン水冷3モデルが対応

Ryzen Threadripperシリーズへの、NZXT製既存CPUクーラーの対応状況
https://www.nzxt.com/

間もなく登場予定のAMD新ハイエンドCPU Ryzen ThreadripperへのCPUクーラーの対応状況がNZXTからアナウンスされた。

Ryzen Threadripperでは、AMDのコンシューマ向けプラットフォームでは初めて基板側にピンを備えるLGAソケット「Socket TR4」を採用。またクーラーの装着もCPU付属のリテンション方式へと変更されている。

KrakenX61_800x600 kx62_29_1024x768
Kraken X61 Kraken X52

NZXT製品で対応が謳われているのは、オールインワン水冷「Kraken」シリーズに属する280mmラジエターモデル「Kraken X62」「Kraken X61」と、240mmラジエターモデル「Kraken X52」の計3モデル。

いずれも取り付けはCPU付属のリテンションで可能なため、別途ブラケットなどを用意する必要はない。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
NZXT: http://nzxt.jp/

totop