AMD、「Vega」アーキテクチャ採用する「Radeon RX Vega」シリーズ正式発表~価格は399ドルから~

2017.07.31 12:54 更新

2017.07.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2017年7月30日(現地時間)、コンシューマ向け新GPU「Radeon RX Vega」シリーズを発表した。市場想定売価は399ドルからで、8月より発売が開始される。
  • AMD、「Vega」アーキテクチャ採用する「Radeon RX Vega」シリーズ正式発表~価格は399ドルから~
  • AMD、「Vega」アーキテクチャ採用する「Radeon RX Vega」シリーズ正式発表~価格は399ドルから~

NVIDIA GeForce GTX 1080対抗となるハイエンドグラフィックスカード

Radeon RX Vegaシリーズ(8月発売予定)
Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition 価格未定
Radeon RX Vega 64 Limited Edition 価格未定
Radeon RX Vega 64 市場想定売価499ドル
Radeon RX Vega 56 市場想定売価399ドル
http://www.amd.com/en-us/press-releases/Pages/amd-redefines-2017jul30.aspx

AMDは「AMD Capsaicin Siggraph 2017」で、「Vega」アーキテクチャを採用するコンシューマ向けグラフィックスカード「Radeon RX Vega」シリーズを正式発表。8月より発売を開始する。

製品ラインナップはストリームプロセッサ数4,096基の「Radeon RX Vega 64」と、3,584基の「Radeon RX Vega 56」の2モデル展開で、前者には水冷モデルの高クロックモデル「Liquid Cooled Edition」と、メタル製カバーとイルミネーション機能を備えたクーラーを搭載する「Limited Edition」が用意される。

グローバル市場向け発売は8月より開始される予定

Radeon RX Vegaシリーズが対抗とする製品は、GeForce GTX 1080/1070シリーズで、Radeon RX Vega 64とGeForce GTX 1080との比較では、3,440×1,440ドット、4Kのいずれの環境でも同等以上のパフォーマンスを発揮。特にフレームレートの落ち込みが小さく、負荷の高い環境でもストレスなくゲームがプレイできるとしている。

対抗となるNVIDIA GeForce GTX 1080と比較するとフレームレートの落ち込みが小さく、負荷の高いゲームでも快適なプレイができるという

主なスペックはRadeon RX Vega 64 Liquid Cooled Editionがベースクロック1,406MHz、ブーストクロック1,677MHz、消費電力が345W、Radeon RX Vega 64がそれぞれ1,247MHz、1,546MHz、295W、Radeon RX Vega 56が1,156MHz、1,471MHz、210Wで、メモリはHBM2 8GBを搭載する。

なお国内での展開は不明ながら、北米ではFreeSync対応液晶、Ryzen 7シリーズ、対応マザーボード、120ドル分のゲームタイトル2本が付属するセットモデル「Radeon Aqua Pack」が用意される。価格はRadeon RX Vega 64 Liquid Cooledとのセットが699ドル、Radeon RX Vega 64 Limited Edition/Radeon RX Vega 64とのセットが599ドル、Radeon RX Vega 56とのセットが499ドルと非常にお買い得。国内での展開に期待したい。

液晶ディスプレイ、Ryzen 7シリーズ、マザーボード、ゲームが付属するセットモデル「Radeon Aqua Pack」も用意される

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop