ASRock、「Ryzen Threadripper」に対応するAMD X399搭載ハイエンドマザーボード2種発表

2017.07.31 11:03 更新

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2017年7月28日(現地時間)、「Ryzen Threadripper」に対応するAMD X399チップ搭載マザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」「X399 Taichi」を発表した。
  • ASRock、「Ryzen Threadripper」に対応するAMD X399搭載ハイエンドマザーボード2種発表
  • ASRock、「Ryzen Threadripper」に対応するAMD X399搭載ハイエンドマザーボード2種発表

Socket TR4に対応するAMD X399チップ搭載マザーボード

8月上旬より発売開始予定のAMD新ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」に対応するマザーボード2種がASRockからリリース。いずれもソケットはSocket TR4で、チップセットにはAMD X399を搭載する。

Fatal1ty X399 Professional Gaming

「Fatal1ty X399 Professional Gaming」は、ゲーミング向け「Fatal1ty」シリーズに属するハイエンドモデル。電源回路にはIR製デジタルPWM「IR3555M」による11フェーズ回路を搭載。さらに60A対応の「Premium 60A Power Choke」や「Dr.MOS」を組み合わせることで、発熱を抑え、安定した電力供給を可能にした。

またネットワーク機能にはAQUANTIA製10ギガビットLANに加え、IntelチップによるデュアルギガビットLANと、IEEE 802.11ac無線LANを標準装備。グラフィックスカード用の拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×4を備え、「Ryzen Threadripper」に内蔵される64レーンのPCI-Expressを使い、4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFire Xに対応する。

主なスペックはメモリスロットがDDR4×8(最大128GB/3,600+MHz)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×8、Ultra M.2(32Gbps)×3、U.2(32Gbps)×1。オーディオ回路はRealtek「ALC1220」による7.1ch HD Audioで、「Creative Sound Blaster Cinema 3」をサポート。

フォームファクタはATX、基板サイズは305×244mm、対応OSはWindows 10 64bitで、RGB LEDイルミネーション「ASRock RGB LED」や、BCLKエンジン「ASRock Hyper BCLK Engine III」などの独自機能に対応する。

  • ソケット:Socket TR4
  • チップセット:AMD X399
  • フォームファクタ:ATX
  • メモリスロット:DDR4×8(最大128GB/3,600+MHz)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express2.0(x1)×1、垂直M.2×1(WiFi/Bluetoothカード用)
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×8、M.2(32Gbps)×3、U.2(32Gbps)×1
  • LAN:10ギガビットLAN×1(AQUANTIA AQC107)、ギガビットLAN×2(Intel I211AT)、IEEE 802.11ac無線LAN
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1220)
  • インターフェイス:USB3.1 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.0×8、10ギガビットLAN×1、ギガビットLAN×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×1
  • 外形寸法:305×244mm
X399 Taichi

「X399 Taichi」は、コストパフォーマンスを重視した「Taichi」シリーズの最新モデル。こちらも電源回路はIR製デジタルPWM「IR3555M」による11フェーズ回路で、60A対応の「Premium 60A Power Choke」や「Dr.MOS」を採用する。

「Fatal1ty X399 Professional Gaming」から、AQUANTIA製10ギガビットLANは省略されている以外はほぼ同等のスペック。メモリスロットはDDR4×8(最大128GB/3,600+MHz)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×8、Ultra M.2(32Gbps)×3、U.2(32Gbps)×1。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express2.0(x1)×1、垂直M.2×1で、マルチグラフィックスは4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFire Xに対応する。

フォームファクタはATX、基板サイズは305×244mm、対応OSはWindows 10 64bitで、ネットワークはIntel製デュアルギガビットLANとIEEE 802.11ac無線LANを標準装備する。

  • ソケット:Socket TR4
  • チップセット:AMD X399
  • フォームファクタ:ATX
  • メモリスロット:DDR4×8(最大128GB/3,600+MHz)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express2.0(x1)×1、垂直M.2×1(WiFi/Bluetoothカード用)
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×8、M.2(32Gbps)×3、U.2(32Gbps)×1
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel I211AT)、IEEE 802.11ac無線LAN
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1220)
  • インターフェイス:USB3.1 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.0×8、ギガビットLAN×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×1
  • 外形寸法:305×244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop