ASUS、11Gbpsの高速メモリを採用するGTX 1080「ROG-STRIX-GTX1080-A8G-11GBPS」

2017.07.20 10:51 更新

2017.07.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2017年7月19日(現地時間)、メモリクロック11Gbpsの高速ビデオメモリを搭載する、NVIDIA GeForce GTX 1080グラフィックスカード「ROG-STRIX-GTX1080-A8G-11GBPS」を発表した。
  • ASUS、11Gbpsの高速メモリを採用するGTX 1080「ROG-STRIX-GTX1080-A8G-11GBPS」
  • ASUS、11Gbpsの高速メモリを採用するGTX 1080「ROG-STRIX-GTX1080-A8G-11GBPS」

静音性を3倍に高めたオリジナルトリプルファンクーラーを搭載

ASUSは、11Gbpsの高速ビデオメモリを搭載するGeForce GTX 1080グラフィックスカード「ROG-STRIX-GTX1080-A8G-11GBPS」を発表した。

VGAクーラーには従来より40%も放熱面積を拡大した大型ヒートシンクと、熱伝導率を2倍に高めた「MaxContactテクノロジー」に対応する銅製ヒートスプレッダを搭載。さらに高風量・高静圧の独自ブレードファンを3基搭載することで、リファレンスクーラーより静音性を3倍に高めた。

また電源回路は独自品質規格「Super Alloy」による8+2フェーズで、クーラー以外のコンポーネントの取り付けを自動化した「Auto Extreme Technology」を採用。その他、低負荷時にはファンの回転を停止する「0dB Technology」、マザーボードや周辺機器との統合したLEDライティング制御が可能な「Aura Sync」、グラフィックスカード上からケースファンを制御できる「ASUS FanConnect II」などの機能に対応する。

主なスペックはコアベースクロックが1,657MHz、ブーストクロックが1,797MHz、メモリクロック11,010MHzで、OC Modeに変更することで、それぞれ1,683MHz、1,822MHz、11,100MHzに引き上げることが可能。メモリバス幅は256bitで、GDDR5X 8GBのビデオメモリを搭載する。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDVI-D×1、HDMI2.0×2、DisplayPort×2、補助電源コネクタは6+8pinを備える。外形寸法は、298×134×52.5mm。

  • GPU:GeForce GTX 1080
  • CUDA数:2,560基
  • コアベースクロック:1,657MHz/1,683MHz
  • コアブーストクロック:1,797MHz/1,822MHz
  • メモリクロック:11,010MHz/11,100MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5X 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:DVI-D×1、HDMI2.0×2、DisplayPort×2
  • VGAクーラー:2.5スロット占有トリプルファンクーラー
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:6+8pin
  • 外形寸法:298×134×52.5mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop