動作中の温度を約10℃低下。高冷却ヒートシンク搭載のNVMe SSD「XPG GAMMIX S10」がADATAから

2017.07.11 18:40 更新

2017.07.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ADATA Technology(本社:台湾)は2017年7月11日、PCI-Express3.0(x4)接続に対応するM.2 NVMe SSD「XPG GAMMIX S10」シリーズを発表した。容量ラインナップは128GB~1TBまで計4モデル展開。
  • 動作中の温度を約10℃低下。高冷却ヒートシンク搭載のNVMe SSD「XPG GAMMIX S10」がADATAから
  • 動作中の温度を約10℃低下。高冷却ヒートシンク搭載のNVMe SSD「XPG GAMMIX S10」がADATAから

SMI製コントローラと3D TLC NANDを採用

XPG GAMMIX S10シリーズ
ASX7000NPC-128GT-C(128GB)/ASX7000NPC-256GT-C(256GB)
ASX7000NPC-512GT-C(512GB)/ASX7000NPC-1TT-C(1TB)
http://www.adata.com/en/feature/487

「XPG GAMMIX S10」シリーズは、NVMe 1.2に準拠するM.2 SSD。フォームファクタはM.2 2280で、バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x4)。

NANDフラッシュは3D TLCで、SMI製コントローラを採用。また「XPG」ロゴがデザインされたフルカバータイプの高冷却ヒートシンクを標準装備。非搭載時に比べて、動作中の温度を約10℃下げることができ、サーマルスロットリングを抑制して、安定したパフォーマンスを発揮する。

転送速度はシーケンシャル読込最高1,800MB/sec、書込最高850MB/sec、ランダム読込最高130,000 IOPS、書込140,000 IOPS。容量ラインナップは128GB、256GB、512GB、1TBの4モデルで、SLCキャッシュ、DRAMキャッシュバッファ、LDPC ECCなどの機能に対応する。

外形寸法は、W80×L22×H3.5mm、重量8g。MTBFは200万時間で、製品保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ADATA Technology Co., Ltd.: http://www.adata.com.tw/

totop