まずは「Core i9-7900X」など5モデル。グローバルで最新CPU「Core X」シリーズの出荷がスタート

2017.06.21 11:35 更新

2017.06.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年6月19日(現地時間)、最新CPU「Core X」シリーズの出荷開始を発表。「Core i9-7900X」など、一部モデルの出荷が6月26日より開始される。市場想定売価は242ドルから。
  • まずは「Core i9-7900X」など5モデル。グローバルで最新CPU「Core X」シリーズの出荷がスタート
  • まずは「Core i9-7900X」など5モデル。グローバルで最新CPU「Core X」シリーズの出荷がスタート

12コア以上のモデルは8月以降。Ryzen対抗の「Core X」シリーズが登場

First Intel Core X-Series Processors Pre-Orders Begin Today, Available Starting June 26
https://newsroom.intel.com/news/first-intel-core-x-series-processors-pre-orders-begin-today-available-starting-june-26/

Intelから「COMPUTEX TAIPEI 2017」で発表された、「Core X」シリーズの最新CPUについてアナウンス。現行の「Broadwell-E」を置き換える「Core i9-7900X」など、一部モデルの出荷が開始された。

今回出荷が開始されたのは全5モデルで、「Skylake-X」こと10コア20スレッドの「Core i9-7900X」(想定売価999ドル)と8コア16スレッドの「Core i7-7820X」(想定売価599ドル)、6コア12スレッドの「Core i7-7800X」(想定売価389ドル)。さらに「Kaby Lake-X」こと4コア8スレッドの「Core i7-7740X」(想定売価339)と4コア4スレッドの「Core i5-7640X」(想定売価242ドル)も含まれる。

いずれもプラットフォームはLGA2066で、チップセットはIntel X299に対応。「Core i9-7900X」の場合は、前世代からマルチスレッド性能が最大14%、シングルスレッドは最大15%の性能向上を達成しているという。

その他のCPUについては、12コア24スレッドの「Core i9-7920X」(想定売価1,199ドル)は8月、「Ryzen Threadripper」の対抗となる18コア36スレッド「Core i9-7980XE」(想定売価1,999ドル)など12~18コアモデルは10月に出荷予定。なお取材記事でお伝えしている通り、「Core X」シリーズが日本に上陸するのは7月中旬頃の見込みだ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop