東芝製MLC NANDフラッシュ採用の高速NVMe M.2 SSD、CORSAIR「MP500」シリーズ近日発売

2017.06.16 10:39 更新

2017.06.16 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
CORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2017年6月16日、NVMe対応のM.2 SSD「MP500」シリーズについて、新規取り扱い開始を発表した。発売は6月中旬より開始され、価格はオープンプライス。
  • 東芝製MLC NANDフラッシュ採用の高速NVMe M.2 SSD、CORSAIR「MP500」シリーズ近日発売
  • 東芝製MLC NANDフラッシュ採用の高速NVMe M.2 SSD、CORSAIR「MP500」シリーズ近日発売

最大転送3,000MB/secの高速NVMe SSD

MP500シリーズ オープンプライス(6月中旬発売)
CSSD-F120GBMP500(120GB)/CSSD-F240GBMP500(240GB)
CSSD-F480GBMP500(480GB)
http://www.links.co.jp/item/mp500/

グローバルリリースで既報。NVMeに対応するM.2 SSD、CORSAIR「MP500」シリーズの国内発売が開始される。容量は120GB、240GB、480GBの3モデル展開で、インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)に対応する。

コントローラはPhison「PS5007-E7」で、NANDフラッシュには東芝製15nm MLC NANDを採用。キャッシュメモリはDDR3最大1GBで、転送速度はシーケンシャル読込3,000MB/sec(ATTO)、書込2,400MB/sec(同)、ランダム読込250,000 IOPS(120GBモデルは150,000 IOPS)、書込210,000 IOPS(同90,000 IOPS)。

またTRIM、DELSLP、Enhanced Error Correction、静的・動的ウェアレベリング、ガーベッジコレクション、S.M.A.R.T.、NCQなどの機能に対応する。外形寸法は、W22×D80×3mm、書込耐性は175TBW~698TBW、動作温度は0~65℃。製品保証は3年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/
CORSAIR: http://www.corsair.com/

totop