ASUS、Intel X299チップを採用するLGA2066マザーボード7モデルの製品情報を公開

2017.06.15 12:33 更新

2017.06.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer(本社:台湾)は2017年6月15日、Intel X299チップを採用するLGA2066マザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME」など計7モデルについて、日本市場向け製品ページを公開した。なお発売日および市場想定売価は未定。
  • ASUS、Intel X299チップを採用するLGA2066マザーボード7モデルの製品情報を公開

ゲーム・OC向け「R.O.G.」シリーズ

「R.O.G.」シリーズに属する製品は、ASUSの持つ技術の粋を集めた最上位モデル「ROG RAMPAGE VI EXTREME」を筆頭に、オーバークロッカー向けに特化した「ROG RAMPAGE VI APEX」、ゲーマー向けハイエンドモデル「ROG STRIX X299-E GAMING」の計3モデルがラインナップ。なお製品の特徴については「COMPUTEX TAIPEI 2017」のイベント記事に詳しいので合わせて参照頂きたい。

ROG RAMPAGE VI APEX ROG STRIX X299-E GAMING

 

高耐久向け「TUF」シリーズ

耐久性を重視した「TUF」シリーズには、ハイエンドモデル「TUF X299 MARK 1」と、ミドルレンジモデル「TUF X299 MARK 2」の2種がラインナップ。

TUF X299 MARK 1 TUF X299 MARK 2

いずれもメモリクロックはDDR4-4000MHzに対応し、M.2は2スロット搭載。またIntelチップによるデュアルギガビットLANを備える。なお上位モデルにはM.2 SSDを冷却する「M.2 Heatsink」と、マザーボード表面を冷却する「Thermal Armor」が標準装備。さらにグラフィックスカードを安全に支える「TUF VGA HOLDER」が付属する。

メインストリーム向け「PRIME」シリーズ

メインストリーム向け「PRIME」シリーズにも、ハイエンドモデル「PRIME X299-DELUXE」と、エントリーモデル「PRIME X299-A」の2種がラインナップ。

PRIME X299-DELUXE PRIME X299-A

いずれもメモリクロックはDDR4-4133MHzの高クロック動作に対応し、ヒートシンク付きのM.2スロットを搭載。またLEDライティング機能「ASUS AURA SYNC」をサポートする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer: http://www.asus.com/jp/

totop