10.5インチ版「iPad Pro」が新登場。HDR対応&120Hz駆動のTrue Toneディスプレイ搭載、来週から発売開始

2017.06.06 11:20 更新

2017.06.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Apple Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年6月5日(現地時間)、新バリエーションの10.5インチモデルをラインナップする新型「iPad Pro」を発表した。来週より日本を含む37の国と地域で販売が開始される。
  • 10.5インチ版「iPad Pro」が新登場。HDR対応&120Hz駆動のTrue Toneディスプレイ搭載、来週から発売開始
  • 10.5インチ版「iPad Pro」が新登場。HDR対応&120Hz駆動のTrue Toneディスプレイ搭載、来週から発売開始

最新プロセッサA10X Fusion搭載でパフォーマンスも大幅向上

iPad Pro, in 10.5-inch and 12.9-inch models, introduces the world’s most advanced display and breakthrough performance
https://www.apple.com/newsroom/2017/06/ipad-pro-10-5-and-12-9-inch-models-introduces-worlds-most-advanced-display-breakthrough-performance/

Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」にて、「iPad Pro」の新モデルが発表。12.9インチの大型モデルに加えて、新たに9.7インチモデルを置き換える10.5インチモデルが追加された。容量ラインナップは64GB/256GB/512GBをラインナップ、従来からストレージ容量は倍増した。

ディスプレイは、HDR対応のTrue Toneディスプレイを採用。最大解像度は2,224×1,668ドットで、DCI-P3の広色域表示に対応、明るさは最大600ニト。リフレッシュレート最大120Hzをサポートするほか、コンテンツに合わせてリフレッシュレートを可変させる機能を備える。また、専用スタイラスペン「Apple Pencil」の応答速度が20msに改善した。

プロセッサは、6コア64bit対応のA10X Fusionと12コアGPUを搭載。従来のA9Xプロセッサに比べ、CPUパフォーマンスは最大30%、GPUは最大40%向上している。

そのほか、F値1.8の明るいレンズを採用した1,200万画素カメラを装備。フロントには、性能が向上した700万画素のFaceTime HDカメラを実装している。外形寸法と重量は、10.5インチモデルがW174.1×D250.6×H6.1mmで469~477g、12.9インチモデルがW220.6×D305.7×H6.9mmで677~692g。

10.5インチモデルの想定売価は、Wi-Fiモデルが649ドルから、Wi-Fi+Cellularモデルが779ドルから。カラーバリエーションはシルバー/スペースグレー/ゴールド/ローズゴールドの4色展開。もう一方の12.9インチモデルは、Wi-Fiモデルが799ドルからでWi-Fi+Cellularモデルが929ドルから、カラーはシルバー/スペースグレー/ゴールドをラインナップする。

また、Mac風のドックやドラッグ&ドロップによるコピーなどに対応する、iPad向け機能を強化した新OS「iOS 11」も発表。6月下旬より提供が開始される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Apple Inc.: https://www.apple.com/

totop