CRYORIG、モニタースタンド型Mini-ITXケース「TAKU」のクラウドファンディングを開始

2017.05.30 11:00 更新

2017.05.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
CRYORIG(本社:台湾)は2017年5月28日(現地時間)、モニタースタンド型のMini-ITXケース「TAKU」について、Kickstarterにおけるクラウドファンディングの開始を発表した。キャンペーンは昨日から開始されており、7月28日まで行われている。
  • CRYORIG、モニタースタンド型Mini-ITXケース「TAKU」のクラウドファンディングを開始
  • CRYORIG、モニタースタンド型Mini-ITXケース「TAKU」のクラウドファンディングを開始

意外なほどハイエンドなマシンが組める、モニタースタンド型のユニークケース

CRYORIGから、モニタースタンドのようなデザインがユニークなMini-ITXケース「TAKU」のクラウドファンディング開始がアナウンス。同社初のPCケースプロダクトとしてリリースされてからそろそろ1年、ようやく製品化に向けて動き出すことになった。Kickstarterにおけるキャンペーンは、5月29日から7月28日まで。

昨年にCRYORIG初のPCケースとしてリリースされ、「COMPUTEX TAIPEI 2016」にて披露された「TAKU」。29日から、製品化に向けたクラウドファンディングがスタートした

厚さ4mmのアルミニウム筐体と木製の脚部で構成されるケースで、モニタースタンドさながらにフルキーボードを下部に収めることができる。良好なメンテナンス性も特徴で、引き出しのようなスタイルで内部構造にアクセスする仕組み。Mini-ITXケースながら内部にも余裕があり、最長280mmのグラフィックスカード、複数のストレージ、SFX電源ユニットを搭載可能だ。なお、製造パートナーはLian Li。

ケースが入手できるのは250ドルからで、出資額に応じた特典を用意。通常のシルバー+オーク製脚部の組み合わせに加えて、ガンメタルやレッド筐体、複数の脚部バリエーションなど、出資額に応じて特別仕様を選択できる。日本を含む世界各国への発送に対応、2017年9月の出荷開始を予定している。

また、製品は本日から開幕する「COMPUTEX TAIPEI 2017」でも展示予定。詳細な仕様については、そちらのブースレポートにてお届けする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
CRYORIG: http://www.cryorig.com/

totop