MSI、「TWIN FROZR VI」搭載の「RX 580 GAMING X」発売~上位モデル“X+”も準備中~

2017.04.28 13:15 更新

2017.04.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2017年4月28日、オリジナルクーラー「TWIN FROZR VI」を搭載した、オーバークロック仕様のRadeon RX 580グラフィックスカード「Radeon RX 580 GAMING X 8G」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は4月29日で、市場想定売価は税抜33,800円。
  • MSI、「TWIN FROZR VI」搭載の「RX 580 GAMING X」発売~上位モデル“X+”も準備中~
  • MSI、「TWIN FROZR VI」搭載の「RX 580 GAMING X」発売~上位モデル“X+”も準備中~

動作クロックは3段階に調整可能

Radeon RX 580 GAMING X 8G 市場想定売価税抜33,800円(4月29日発売)
https://www.msi.com/Graphics-card/Radeon-RX-580-GAMING-X-8G.html

「Radeon RX 580 GAMING X 8G」は、第2世代Polarisこと、AMDの新GPU Radeon RX 580を搭載するグラフィックスカードの新製品。

VGAクーラーには、MSIおなじみのデュアルファンクーラー「TWIN FROZR VI」を搭載。さらに低負荷時にファンを停止させるセミファンレス機能「Zero Frozr」や、1,680万色のカラーカスタマイズができるRGB LED機能を備える。

動作クロックは「GAMING APP」で、「サイレントモード」(コア1,340MHz / メモリ8,000MHz)、「GAMINGモード」(コア1,380MHz/メモリ8,000MHz)、「OCモード」(コア1,393MHz/メモリ8,100MHz)の3種類が選択可能。その他、メモリバス幅は256bit、ビデオメモリはGDDR5 8GB。出力インターフェイスはHDMI2.0b×2、DisplayPort1.4×2、DualLink DVI-D×1、補助電源コネクタは8pin×1を搭載する。

なおMSIでは、さらに高性能な上位モデル「Radeon RX 580 GAMING X+ 8G」を準備中。こちらは5月中旬より発売が開始される予定だ。

  • GPU:Radeon RX 580
  • SP数:2,304基
  • コアクロック:1,340/1,380/1,393MHz
  • メモリクロック:8,000/8,000/8,100MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:HDMI2.0b×2、DisplayPort1.4×2、DualLink DVI-D×1
  • VGAクーラー:TWIN FROZR VI
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×1
  • 外形寸法:276×140×42mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): http://jp.msi.com/

totop