NEC、瞬電・停電に強いUPS内蔵型スリムサーバー「Express5800/T110i-S」シリーズ

2017.04.19 17:29 更新

2017.04.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
日本電気株式会社(本社:東京都港区)は2017年4月19日、幅98mmのスリム筐体を採用するUPS内蔵型サーバー「Express5800/T110i-S」シリーズを発表した。市場想定売価は税抜226,000円からで、製品出荷は4月26日より開始される。
  • NEC、瞬電・停電に強いUPS内蔵型スリムサーバー「Express5800/T110i-S」シリーズ
  • NEC、瞬電・停電に強いUPS内蔵型スリムサーバー「Express5800/T110i-S」シリーズ

100W出力で約7分半の電源供給ができる小型UPS搭載

Express5800/T110i-Sシリーズ 
市場想定売価税抜226,000円(4月26日出荷開始)
http://jpn.nec.com/press/201704/20170419_01.html

幅98mmのスリム筐体を採用するIAサーバーの新製品。本体には100W出力で約7分半の電源供給が可能な小型UPSを内蔵しており、瞬電時のサーバ継続動作や停電時の安全なシャットダウンが可能となる。

またOSのインストール先としてM.2 SATA SSDのオプションが新たに追加。通常のドライブをすべてデータ領域として使用できるため、データ保管領域の拡大ができる他、システムの高速化により、UPS動作時のシャットダウン時間を短縮できる効果もある。

CPUはPentium G4560またはXeon E3-1220v6で、チップセットはIntel C236を採用。メモリはDDR4-2400MHz 4GB(ECC)、ドライブベイは3.5インチ×2、オプションベイアダプタを使用すれば2.5インチホットスワップベイ×6として使用可能。拡張スロットはPCI-Express3.0(x2/x8形状)×1、PCI-Express3.0(x1/x8形状)×1、PCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4/x8形状)×1を備える。

外形寸法は、W98×D386.5×H341.0mm、重量8.0kg。電源ユニットは80PLUS PLATINUM認証の250W×1または、460W×2を選択できる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
日本電気株式会社: http://jpn.nec.com/

totop