書込耐性12.3PBW。3D XPoint採用の超低レイテンシSSD、Intel「Optane SSD DC P4800X」

2017.03.21 10:47 更新

2017.03.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年3月17日(現地時間)、「3D XPoint」技術を採用するデータセンター向けSSD「Optane SSD DC P4800X」を発表した。容量は375GBで、インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)。
  • 書込耐性12.3PBW。3D XPoint採用の超低レイテンシSSD、Intel「Optane SSD DC P4800X」

書込耐性と低レイテンシを両立した新型メモリ「3D XPoint」採用

IntelとMicronが共同開発した新不揮発性メモリ「3D Xpoint」を採用する、データセンター向けSSD「Optane SSD DC P4800X」がIntelから正式発表された。

「3D XPoint」では、メモリセルを高密度に充填する「Cross Point Array Structure」や、メモリダイを積層する「Stackable」構造、メモリセルへのシンプルなアクセスを可能にする「Selector」機能を搭載。これにより、既存NANDフラッシュに比べてレイテンシを最大1,000倍まで短縮することができるという。

今回アナウンスされた「Optane SSD DC P4800X」は、PCI-Express3.0(x4)接続のHHHLフォームファクタモデル。容量は375GB、レイテンシは書込/読込とも10μs以下、ランダムアクセス性能は読込550,000 IOPS、書込500,000 IOPSで、耐久性は30DWPD、書込耐性は12.3PTBに達し、データセンターの耐久性・信頼性を損なうことなく、パフォーマンスを大幅に引き上げることができる。

なお製品は早期出荷プログラム対象ユーザーから順次開始され、2017年後半からは容量やフォームファクタが拡大される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop