電子機器分解や組み立てに”あったら便利”。アイネックス「TL-018」

2017.03.10 13:44 更新

2017.03.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:本社:東京都千代田区)は2017年3月10日、電子機器の分解や組み立てに便利な12 in 1伸縮精密ドライバーセット「TL-018」を発表した。市場想定売価は税抜830~910円で、3月28日より出荷が始まる。
  • 電子機器分解や組み立てに”あったら便利”。アイネックス「TL-018」
  • 電子機器分解や組み立てに”あったら便利”。アイネックス「TL-018」

できる自作派のたしなみ

TL-018 市場想定売価税抜830~910円(3月28日出荷開始)
http://www.ainex.jp/products/tl-018/

PC自作はもとより、スマートフォンやノートPCなど、電子機器の分解・組み立てにあると便利なドライバーセットの新製品。

ロッド部分は全長121~185mm範囲で伸縮可能(ビットを除く)。締め付け位置で長さを調整できる。

付属のビットは6個(マイナス 1.5 & プラス #000、マイナス 2.0 & プラス#00、ヘックスローブ T4 & T8、ヘックスローブ T5 & T9、ヘックスローブ T6 & T10、ペンタローブ P2 & P5)で、材質はニッケルクロムモリブデン鋼(SNCM8660)。

なお、ロッド部にカットされた「窓」からハンドル内部を指で回転させると、後端の穴かからビットが取り出せる収納ギミックを装備。ペンクリップ付きで、ポケットに留めておく事ができる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop