ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入

2017.02.24 11:35 更新

2017.02.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2017年2月23日(現地時間)、AMDの最新プロセッサ「Ryzen」に対応する、Socket AM4マザーボード「X370 Taichi」など全10モデルを発表した。
  • ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入
  • ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入

ASRockより、3月3日に販売が開始されるAMDの新プロセッサ「Ryzen」に対応するSocket AM4マザーボード計10モデルがリリースされた。ここでは画像を中心に全ラインナップを紹介していこう。

(2月24日19:05追記)
CFD販売株式会社およびマスタードシード株式会社から計7モデルの取り扱い開始がアナウンス。対象モデルの市場想定売価および、発売日を追記しました。

メインストリーム向け最上位モデル「X370 Taichi」

「X370 Taichi」は、AMD X370チップを採用するメインストリーム向け最上位モデル。電源回路はIR製デジタルPWM制御の16フェーズ回路で、「Premium 60A Power Choke」や「Dual-Stack MOSFET」などの高品質コンポーネントを実装。また詳細なベースクロック調整を可能にする「Hyper BCLK Engine II」を搭載する。

ネットワークはIntel製ギガビットLAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2に対応。NVMeインターフェイスはUltra M.2(32Gbps)×1、M.2(20Gbps)×1で、USB3.1はType-AとType-Cの2ポートを備える。

「Fatal1ty Gaming」シリーズは計3モデル

Fatal1ty X370 Professional Gaming
Fatal1ty X370 Gaming K4 Fatal1ty AB350 Gaming K4

「Fatal1ty Gaming」シリーズに属するゲーミングマザーボードは、AQUANTIA 5ギガビットLANを搭載する「Fatal1ty X370 Professional Gaming」を筆頭に、「Fatal1ty X370 Gaming K4」「Fatal1ty AB350 Gaming K4」の計3モデル。チップセットは上位2モデルがAMD X370、下位モデルがAMD B350で、フォームファクタはいずれもATX。オーディオ回路は「Creative Sound Blaster Cinema 3」を搭載する。

VR向けKillerシリーズは無線LANの有無で2モデルがラインナップ

X370 Killer SLI X370 Killer SLI/ac

VR向け「Killer」シリーズは、IEEE 802.11ac無線LANを搭載する「X370 Killer SLI/ac」と、非搭載の「X370 Killer SLI」の2モデル展開。いずれもチップセットはAMD X370で、Intel製ギガビットLANを搭載。電源回路はデジタル制御の12フェーズ電源回路で、「Premium 45A Power Choke」を採用する。

AMD B350を搭載するメインストリーム向けモデル

AB350 Pro4 AB350M Pro4
AB350M AB350M-HDV

AMD B350を搭載するメインストリーム向けはATXフォームファクタに対応する「AB350 Pro4」と、MicroATXに対応する「AB350M Pro4」「AB350M」「AB350M-HDV」の計4モデルがラインナップ。いずれもネットワークチップにはRealtek製ギガビットLANを搭載する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop