横幅わずか100mmのスタイリッシュデスクトップPC、日本エイサー「Aspire XC」シリーズ

2017.01.31 15:23 更新

2017.01.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区)は2017年1月31日、幅約100mmのスリムデスクトップPC「Aspire XC」シリーズを発表した。発売は2月16日より順次開始され、市場想定売価は税抜40,000円前後から。
  • 横幅わずか100mmのスタイリッシュデスクトップPC、日本エイサー「Aspire XC」シリーズ
  • 横幅わずか100mmのスタイリッシュデスクトップPC、日本エイサー「Aspire XC」シリーズ

MU MIMO対応のIEEE 802.11ac無線LAN機能を搭載

Aspire XCシリーズ
XC-780-H78G 市場想定売価税抜100,000円前後(2月16日発売)
XC-780-H54F 市場想定売価税抜70,000円前後(2月16日発売)
XC-730-H14F 市場想定売価税抜40,000円前後(3月16日発売)
https://www.acer.com/ac/ja/JP/press/2017/231165

「Aspire XC」シリーズは、横幅約100mmのスリムデザインを採用するスタイリッシュデスクトップPC。すべてのモデルにMU MIMO対応のIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN機能を搭載し、設置場所を比較的自由に選べるのも特徴だ。

「XC-780-H78G」(市場想定売価税抜100,000円前後)は、Core i7-7700を搭載するハイエンドモデル。チップセットはIntel H110、メモリはDDR4-2400MHz 8GBで、ストレージは2TB HDDとDVDスーパーマルチドライブを標準装備する。

「XC-780-H54F」(市場想定売価税抜70,000円前後)は、Core i5-7400を搭載するミドルレンジモデル。チップセットはIntel H110、メモリはDDR4-2400MHz 4GBで、ストレージは1TB HDDとDVDスーパーマルチドライブを標準装備する。

「XC-730-H14F」(市場想定売価税抜40,000円前後)は、Celeron J3355を搭載するローエンドモデル。メモリはDDR3L-1600MHz 4GBで、ストレージは1TB HDDとDVDスーパーマルチドライブを標準装備する。

いずれも有線LANはギガビットLANで、Bluetooth 4.0にも対応。外形寸法は、W100×D420×H294mm、重量は3.9~5.0kg。OSはWindows 10 Home 64bit版がプリインストールされ、USBマルチメディアキーボードとUSB光学式マウスが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
日本エイサー株式会社: http://www.acer.com/ac/ja/

totop