ちょっとしたモノが載せられる、小型サイズの「ディスプレイボード」がキングジムから

2017.01.11 18:20 更新

2017.01.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は2017年1月11日、液晶ディスプレイの上に取り付ける「ディスプレイボード」の小型サイズ(型番:DB-200)を発表した。カラーはブラックとホワイトの2色で、市場想定売価は税抜各1,900円。発売日は1月27日に設定されている。
  • ちょっとしたモノが載せられる、小型サイズの「ディスプレイボード」がキングジムから

より使い勝手がイイ小型サイズの「ディスプレイボード」

ディスプレイボード(型番:DB-200) 黒・白
市場想定売価税抜各1,900円(1月27日発売)
http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_21395

液晶ディスプレイ上のデッドスペースが有効活用できる、キングジム「ディスプレイボード」のバリエーションモデル。カラーは黒と白の2色が用意される。

装着方法は、液晶ディスプレイの縁部分にボードを引っ掛け、付属のアームで液晶ディスプレイの背面の支えるだけ。横幅約200mmのコンパクト設計で、PCデスク周りの小物を載せておく事ができる。

素材はABS樹脂製で、耐荷重は500g(等分布)。外形寸法はW200×D168×H30mm、重量約160g。初年度販売目標は2万台。

なお2016年3月にリリースされた「ディスプレイボード」(型番:DB-500)のカラーバリエーションとして、白モデルを追加。市場想定売価税抜3,500円で、1月27日より販売が開始される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社キングジム: http://www.kingjim.co.jp/

totop