GIGABYTE、自動放熱機構を備えたGeForce GTX 1080搭載コンパクトPC「BRIX Desktop」

2016.12.27 12:44 更新

2016.12.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2016年12月26日(現地時間)、GeForce GTX 1080グラフィックスカードを搭載する「BRIX Desktop」(型番:GB-GZ1DTi7-1080)を発表した。
  • GIGABYTE、自動放熱機構を備えたGeForce GTX 1080搭載コンパクトPC「BRIX Desktop」
  • GIGABYTE、自動放熱機構を備えたGeForce GTX 1080搭載コンパクトPC「BRIX Desktop」

「GeForce GTX 1080 G1 Gaming」をそのまま搭載

BRIX Desktop(型番:GB-GZ1DTi7-1080)
http://www.gigabyte.com/products/product-page.aspx?pid=6187

COMPUTEX TAIPEI 2016のブースレポートや、プレス向け発表会で取り上げた、GIGABYTEの小型ゲーミングPC「BRIX Desktop」のハイエンドモデル。

グラフィックスカードには3連ファンクーラー「WINDFORCE 3X」を採用するGeForce GTX 1080「GeForce GTX 1080 G1 Gaming」を内蔵。CPUはSkylake最上位のCore i7-6700Kが標準装備され、ハイエンドゲーミングPCに匹敵するパフォーマンスを発揮する。

グラフィックスカードには「GeForce GTX 1080 G1 Gaming」を標準装備。またストレージは2.5インチドライブを2台搭載できる

また天板部には、システムの温度に合わせて自動的に開く開放式ハッチを実装。さらに本体上部をメッシュパネルとすることで、エアフローを最適化し、冷却性能を高めた。

主なスペックは、チップセットがIntel Z170、メモリはDDR4-SODIMM 16GB(8GB×2)で、2.5インチ1TB HDDを標準装備。ネットワークはKiller E2400ギガビットLAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2に対応する。

トップには、システムの温度に合わせて自動的に開く開放式ハッチ搭載

インターフェイスはUSB3.1 Type-C×1、USB3.1 Type-A×1、USB3.0 Type-A×3、HDMI×1など。電源容量は400W、外形寸法は、276×384×128mmで、OSはWindows 10 Home 64bit版がプリインストールされる。

文: GDM編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop