AMD、次世代コアVega採用の「MI25」など、ディープラーニング向け「Radeon Instinct」シリーズ発表

2016.12.13 10:44 更新

2016.12.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2016年12月12日(現地時間)、ディープラーニング向けGPUアクセラレーター「Radeon Instinct」シリーズを発表した。発売は2017年上半期より開始される予定。
  • AMD、次世代コアVega採用の「MI25」など、ディープラーニング向け「Radeon Instinct」シリーズ発表

ディープラーニング向けGPUアクセラレーター計3モデル

AMDはディープラーニング向けGPUアクセラレーター「Radeon Instinct」シリーズを発表した。

対応するオープンソースライブラリ「MIOpen」や、ディープラーニング向けフレームワーク「AMD ROCm」の提供も開始され、従来より高度かつ高速なマシン学習システムを構築できるという。

「MI6」は、Polarisアーキテクチャを採用するエントリーモデル。半精度浮動小数点性能は5.7TFLOPS、メモリは16GB、消費電力は150W未満で、サーバー内のエアフローを利用して冷却するパッシブクーラーを搭載する。

「MI8」は、HMBメモリを搭載するFijiアーキテクチャ採用のショートモデル。半精度浮動小数点性能は8.2TFLOPS、メモリ容量は4GB、消費電力は175W未満で、こちらもパッシブクーラーを搭載する。

「MI25」は、AMDの次世代アーキテクチャVegaを採用するハイエンドモデル。半精度浮動小数点性能は約25TFLOPSとされ、NVIDIA Pascalアーキテクチャを超えるパフォーマンスを発揮するという。消費電力は300W未満で、冷却システムはパッシブクーラーを搭載する。

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop