2層ヘッドでポンプ寿命2.5倍。Cooler Masterの新水冷キット「MasterLiquid Pro」シリーズ15日発売

2016.09.13 10:52 更新

2016.09.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Cooler Master Technology Inc.(本社:台湾)は2016年9月12日、ヘッド部を2層構造にした「デュアルチャンバーヘッド」採用のオールインワン水冷キット「MasterLiquid Pro」シリーズ2種について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は9月15日より開始される。
  • 2層ヘッドでポンプ寿命2.5倍。Cooler Masterの新水冷キット「MasterLiquid Pro」シリーズ15日発売
  • 2層ヘッドでポンプ寿命2.5倍。Cooler Masterの新水冷キット「MasterLiquid Pro」シリーズ15日発売

熱のダメージを最小限に抑える「デュアルチャンバーヘッド」採用

MasterLiquid Pro 120(型番:MLY-D12X-A20MB-J1)
市場想定売価税抜16,000円前後(9月15日発売)
http://apac.coolermaster.com/jp/cooling/cpu-liquid-cooler/masterliquid-pro-120/
MasterLiquid Pro 240(型番:MLY-D24M-A20MB-J1)
市場想定売価税抜17,000円前後(9月15日発売)
http://apac.coolermaster.com/jp/cooling/cpu-liquid-cooler/masterliquid-pro-240/

COMPUTEX TAIPEI 2016のブースレポートでお届けした、Cooler Masterの新作オールインワン水冷キット「MasterLiquid Pro」シリーズの国内取り扱い開始がアナウンス。9月15日より発売が開始される。

最大の特徴は、CPUにより熱された冷媒液と、ラジエターで冷却された冷媒液を分離できる2層構造ヘッド「デュアルチャンバーヘッド」の採用だ。ポンプ駆動部分を冷却された層に配置することで、熱によるダメージを最小限に抑え、ポンプの製品寿命を従来の2.5倍(MTTF 175,000時間)に引き上げることができるという。

CPUにより熱された冷媒液(下段)と、ラジエターで冷却された冷媒液(上段)を分離できる「デュアルチャンバーヘッド」構造により、ポンプ寿命を2.5倍に向上

また表面積を約6.5倍に拡大した新設計の「超微細加工マイクロチャネル」や、通気性と接触面積を拡大した「スクウェアフィン」、ラジエター向けに開発された冷却ファン「MASTERFAN PRO 120 AIR BALANCE」(650~2,000rpm±10% / 66.7CFM / 2.34mmH2O±10% / 6dBA~)などを採用することで、静音性と冷却性能を高めた。

製品ラインナップは120mmラジエターの「MasterLiquid Pro 120」と、240mmラジエターの「MasterLiquid Pro 240」の2種。

水冷ヘッドサイズは、W68×L94.8×H56.9mm、ラジエターサイズは前者がW118.5×L145×H38mm、後者がW118.5×L275×H27mm。ファン寿命はMTTF値490,000時間 / L-10値70,000時間、ポンプ寿命はMTTF値175,000時間 / L-10値50,000時間。

文: GDM編集部 池西 樹
Cooler Master Technology Inc.: http://www.coolermaster.co.jp/

totop