Intel、“14nm+”プロセス採用の「Kabylake」こと第7世代Coreプロセッサを発表

2016.08.31 11:14 更新

2016.08.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2016年8月30日(現地時間)、開発コードネーム「Kabylake」と呼称される第7世代Coreプロセッサを発表した。
  • Intel、“14nm+”プロセス採用の「Kabylake」こと第7世代Coreプロセッサを発表
  • Intel、“14nm+”プロセス採用の「Kabylake」こと第7世代Coreプロセッサを発表

動作クロックや省電力性能が向上、ビデオエンジン一新の最新世代CPU

New 7th Gen Intel Core Processor: Built for the Immersive Internet
https://newsroom.intel.com/editorials/new-7th-gen-intel-core-processor-built-immersive-internet/

Intelより、「Kabylake」の開発コードネームで呼ばれていた第7世代Coreプロセッサが発表された。プロセスルールは第5世代Broadwellや第6世代Skylakeの14nmプロセスを改良した、“14nm+”プロセスが採用されている。

従来から動作クロックが引き上げられ、特にTurboBoost技術の改善によりTurboBoost時のクロックが大幅上昇。省電力性能も向上し、消費電力あたり最大12%の性能向上が見込めるほか、一般的なアプリケーションでは最大19%の性能向上が可能という。また、メディアエンジンが一新され、4K HEVC(H.265) 10-bitビデオのデコード・エンコードなどに対応する。

今回発表されたプロセッサは、モバイル向けの2タイプ。TDP15Wの薄型ノートPC向け「Uプロセッサ」は、Core i7-7500U(2コア / 4スレッド / 2.7GHz / TB時3.5GHz)、Core i5-7200U(2コア / 4スレッド / 2.5GHz / TB時3.1GHz)、Core i3-7100U(2コア / 4スレッド / 2.4GHz)の3モデルで、メモリインターフェイスは最大DDR4-2,133MHz(デュアルチャンネル)に対応する。

TDP4.5Wのタブレット向け「Yプロセッサ」は、Core i7-7Y75(2コア / 4スレッド / 1.3GHz / TB時3.6GHz)、Core i5-7Y54(2コア / 4スレッド / 1.2GHz / TB時3.2GHz)、Core m3-7Y30(2コア / 4スレッド / 1.0GHz / 2.6GHz)の3モデルで、メモリインターフェイスは最大LPDDR3-1,866MHz(デュアルチャンネル)に対応する。

これら第7世代プロセッサはすでにOEMメーカー向けに出荷が開始されており、9月上旬より順次搭載PCが発売される予定。また、デスクトップ向けや高性能ノートPC向けCPUについては、2017年1月に提供予定とされている。

文: GDM編集部 絵踏 一
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop