動的に周波数を切り替え、干渉&遅延ゼロ。SteelSeriesのBluetoothヘッドセット「Siberia 840」

2016.08.09 15:48 更新

2016.08.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SteelSeries(本社:デンマーク)は2016年8月8日(現地時間)、Bluetoothに対応したゲーミングヘッドセット「Siberia 840」を発表した。グローバルにおける市場想定売価は329.99ドル
  • 動的に周波数を切り替え、干渉&遅延ゼロ。SteelSeriesのBluetoothヘッドセット「Siberia 840」
  • 動的に周波数を切り替え、干渉&遅延ゼロ。SteelSeriesのBluetoothヘッドセット「Siberia 840」

従来モデルと同等のサラウンドサウンドが楽しめる、「Siberia」のBluetooth版

Siberia 840 市場想定売価329.99ドル
https://steelseries.com/gaming-headsets/siberia-840

SteelSeriesのゲーミングヘッドセット「Siberia 800」シリーズの新モデルとして、Bluetooth接続に対応したワイヤレスモデル「Siberia 840」がリリースされた。現時点の想定売価は未定ながら、国内向けの発売も予定されている。

汎用性の高いBluetoothを採用しながら、従来の「Siberia 800」と同等の音質を実現。電波干渉や音の遅延を防止するため、連続的に無線周波数を切り替える独自技術が採用されている。

従来通りDolby Headphone、Dolby Digital、Dolby Pro Logic IIxと3種の7.1chドルビーテクノロジーに対応。有機ELディスプレイを備えたトランスミッターも同梱され、音源や無線の状況、システム設定やバッテリー残量をモニタリングしつつ、各種設定を視覚的に制御できる。

そのほか、約20時間動作する交換式バッテリーを2つ同梱。ワイヤレスモデルながら、電池切れを気にすることのない連続稼働を可能にしている。

文: GDM編集部 絵踏 一
SteelSeries: http://steelseries.com/

totop