MSI、「TWIN FROZR VI」搭載GeForce GTX 1060 OC「GTX 1060 GAMING X 6G」発売

2016.07.19 22:02 更新

2016.07.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2016年7月19日、NVIDIA GeForce GTX 1060を搭載するオーバークロックモデル「GeForce GTX 1060 GAMING X 6G」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。即日発売が開始され、市場想定売価は税抜36,800円前後。
  • MSI、「TWIN FROZR VI」搭載GeForce GTX 1060 OC「GTX 1060 GAMING X 6G」発売
  • MSI、「TWIN FROZR VI」搭載GeForce GTX 1060 OC「GTX 1060 GAMING X 6G」発売

モノトーンカラーの下位モデルも近日発売予定

GeForce GTX 1060 GAMING X 6G 
市場想定売価税抜36,800円前後(7月19日発売)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1060-GAMING-X-6G.html
GeForce GTX 1060 6GT OC 
市場想定売価税抜30,000円前後(近日発売)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1060-6GT-OC.html

「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」は、MSIの新VGAクーラー「TWIN FROZR VI」をマウントさせたGeForce GTX 1060 OCモデル。

冷却ファンは風圧を22%向上した「トルクスファン2.0」仕様のスリーブファンを採用。さらに低負荷時にはファンの回転を停止する「Zero Frozr」にも対応する。

また付属の「Gaming App」を使えば、パフォーマンスを最大限に引き出す「OCモード」、性能と静音性のバランスが取れた「ゲーミングモード」、ファンノイズを最小限に抑える「サイレントモード」の切り替えや、内蔵LEDの制御、各種クロック調整、リアルタイムモニタリングなどが可能となる。

主なスペックは、CUDAコア数1,280基、コアベースクロック1,592MHz(リファレンス1,506MHz)、ブーストクロック1,809MHz(同1,708MHz)、メモリクロック8,100MHz(同8,008MHz)、メモリバス幅192bitで、GDDR5 6GBのビデオメモリを搭載する。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、補助電源コネクタは8pin×1。出力インターフェイスはDualLInk DVI-D×1、DisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1の5系統で、カードサイズは140×277×39mm、重量は1,017g。なおMSIでは、モノトーンのデュアルファンクーラーを搭載する下位モデル「GeForce GTX 1060 6GT OC」も近日中に発売する予定だ。

文: GDM編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://www.msi.com/

totop