-40℃~85℃の過酷な環境にも対応する、インダストリアルmicroSDカードがKingstonから

2016.04.21 14:41 更新

2016.04.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Kingston Technology(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2016年4月21日、産業用動作温度対応のUHS-I microSDカードを発表した。容量ラインナップは8GBから64GBまでの4種類。なお発売日および価格はアナウンスされていない。
  • -40℃~85℃の過酷な環境にも対応する、インダストリアルmicroSDカードがKingstonから

保管温度-40℃~85℃対応の産業用microSDカード

SDCIT/xGB(8GB/16GB/32GB/64GB)
※SDアダプター無しモデルもラインアップ
http://www.kingston.com/jp/flash/microsd_cards/sdcit

産業用動作温度対応UHS-I microSDカードがKingstonブランドから。容量ラインナップは8GB、16GB、32GB、64GBの4モデルで、それぞれSDカードアダプタ無しモデルも用意される。

UHS-I Class 10のmicroSDカードは、動作温度および保管温度が-40℃から85℃まで対応。多様な気象条件に対応することで、屋外看板や地震検知器、自動車等の各システムでの利用が想定されている。また耐久性を確保する、耐温度、耐衝撃、耐震、耐X線仕様で、数百時間にもわたる温湿度試験が行われている。

MLC NANDを採用し、最大読込は90MB/sec、最大書込は45MB/sec(8GBのみ20MB/sec)で、10,000回の挿抜耐久性を確保。ファイルシステムはFAT32(microSDHC 8GB-32GB)、exFAT(microSDXC 64GB)で、電圧は3.3V。

外形寸法は11×15×1mm(SDアダプタは24×32×2.1mm)。製品保証は5年間。

文: GDM編集部 松枝 清顕
Kingston Technology: http://www.kingston.com/

totop