AMD、ビデオメモリ32GBのワークステーション向けVGA「FirePro W9100 32GB」発表

2016.04.15 12:00 更新

2016.04.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2016年4月14日(現地時間)、従来の2倍となる32GBの大容量ビデオメモリを搭載する、ワークステーション向けグラフィックスカード「FirePro W9100 32GB」を発表した。発売は2016年第2四半期中を予定している。
  • AMD、ビデオメモリ32GBのワークステーション向けVGA「FirePro W9100 32GB」発表

32GBの大容量GDDR5メモリを搭載するワークステーション向けVGA

AMDより、ビデオメモリ32GBのワークステーション向けグラフィックスカード「FirePro W9100 32GB」がリリースされた。

2014年3月にアナウンスされたフラッグシップ「FirePro W9100」のバリエーションモデルで、ビデオメモリを2倍に拡張したことで、より高解像度なレンダリング処理やVR処理を高速に行うことができる。

その他スペックに変更はなく、アーキテクチャはGCN 1.1、ストリームプロセッサ数は2,816基、テスクチャーユニット数は178基で、61億のトランジスタを内蔵。処理性能は単精度演算が5.24 TFLOPS、倍精度演算が2.62 TFLOPS。

インターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDisplayPort1.2×6(4,096×2,160ドット)。消費電力は275Wで、APIはDirectX 12 / OpenGL 4.4 / OpenCL 2.0に対応する。

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop