売価5,000ドル、24:9の超ワイド表示に対応するゲーミングプロジェクター、Acer「Predator Z850」

2016.03.31 12:42 更新

2016.03.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Acer(本社:台湾)は2016年3月30日(現地時間)、24:9のワイド表示に対応するゲーミングプロジェクター「Predator Z850」を発表した。米国では既に販売が開始され、市場想定売価は4,999ドル。
  • 売価5,000ドル、24:9の超ワイド表示に対応するゲーミングプロジェクター、Acer「Predator Z850」
  • 売価5,000ドル、24:9の超ワイド表示に対応するゲーミングプロジェクター、Acer「Predator Z850」

約50cmの距離から120インチの投影ができる広角モデル

Predator Z850 市場想定売価4,999ドル(発売中)
http://www.acer.com/ac/en/US/content/predator-home
※掲載時、製品情報なし

「Predator Z850」は、24:9の超ワイドHD(1,920×720ドット)表示に対応するゲーミングプロジェクター。18.5インチ(約47cm)の距離から120インチサイズの投影ができる広角モデルで、狭い場所でも大画面でゲームを楽しむことができる。

光源には3,000ルーメンの高輝度LEDを採用し、起動と同時に鮮明な表示が可能。コントラスト比は100,000:1で、独自ビジュアル機能「ColorBoost3D」と、LEDの消耗を防ぐ「ColorSafe II」を搭載する。

米国では既に販売が開始され、市場想定売価は4,999ドル。なおオプション「Wireless HD-Kit」を使用すれば、1080pの映像をロスなくワイヤレスでストリーミング配信することができる。

文: GDM編集部 池西 樹
Acer: http://www.acer.com.tw/

totop