暗所もハッキリ撮影可能。乾電池で動作する上海問屋「デジタル・ナイトビジョン」

2016.01.29 13:28 更新

2016.01.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社ドスパラ(本社:東京都千代田区)が運営する上海問屋は2016年1月29日、暗い場所でも動画・静止画が撮影できる単三乾電池駆動「デジタル・ナイトビジョン」(型番:DN-13592)を発表した。直販価格は税込19,999円で、既に販売が開始されている。
  • 暗所もハッキリ撮影可能。乾電池で動作する上海問屋「デジタル・ナイトビジョン」
  • 暗所もハッキリ撮影可能。乾電池で動作する上海問屋「デジタル・ナイトビジョン」

夜間撮影可能で幅広く活用

デジタル・ナイトビジョン(型番:DN-13592)
https://www.donya.jp/item/73478.html

暗い場所でも動画や静止画がハッキリ撮影できる「デジタル・ナイトビジョン」が上海問屋から。

2インチTFT LCD搭載で撮影画像はその場でチェック可能。アウトドアや生態観察、夜間警備や停電時の作業など、幅広く活用できる。なお昼間は通常の自然色、夜間はモノクロ映像となり、赤外線照射により明るさが調節できる。なお調節範囲は0~7段階。

レンズのキャップは昼間は取り付けた状態、夜間は外した状態で使用。デジタルズームは2倍、光学倍率は3倍で、レンズ下のダイヤルでピント合わせが可能

レンズ径は40mm、最少合焦距離は1m、夜間有効視認距離は100mまで。解像度は静止画が640×480(JPG)、動画が640×480(M-JPEG)、IR波長は850nmで、電源はアルカリ単三乾電池8本で、約4~10時間動作。記録メディアはSD /SDHCカード(最大32GB / 別売り)が利用できる。

文: GDM編集部 松枝 清顕
上海問屋(株式会社ドスパラ): https://www.donya.jp/

totop