今年最も読まれたレビュー記事は? エルミタ的「レビューアワード2015」 ~アクセス上位ランキング~

2015.12.31 12:00 更新

2015.12.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 2015年もあっという間に大晦日。例年通り、今年掲載したエルミタレビュー記事の上位アクセス10傑を発表するエルミタ的「レビューアワード2015」をお届けしよう。2015年はインタビューや企画記事を含め、合計104本を掲載。その中から前回同様、掲載後1ヶ月の数値を目安に集計。例によって12月掲載記事は期間が短いため、来年の集計に繰り越す事でご了承頂きたい。
  • 今年最も読まれたレビュー記事は? エルミタ的「レビューアワード2015」 ~アクセス上位ランキング~
  • 今年最も読まれたレビュー記事は? エルミタ的「レビューアワード2015」 ~アクセス上位ランキング~

【1位】 これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

国内市場でも人気のFractal Design。看板モデル「Define R4」から進化を遂げた「R5」が最もアクセスを集めた。スカンジナビアデザインと静音設計は絶妙なバランスで、多くの自作派を未だに魅了し続けている。BTO採用例の多さは、息の長いモデルである事を裏付けている。(2014年12月19日掲載開始)

 

【2位】 WindowsもAndroidもこれ1台。デュアルOS対応の中華タブレットChuwi「Hi8」を試す

価格が安い割に高機能。いわゆるコストパフォーマンスの高さで注目を集める”中華系タブレット”。その中からChuwi「Hi8」をレビューした。性能検証もさることながら、日本語化の方法に注目が集まり、未だ”参考例”としてのアクセスが多い。(7月16日掲載開始)

 

【3位】 Braswell世代のファンレスMini-ITXマザーボード、ASRock「N3700-ITX」徹底検証

Mini-ITXフォームファクタの秀作が多くリリースされた2015年。中でもBraswell世代Pentium N3700搭載のファンレスモデル、「N3700-ITX」には注目が集まった。オンボード性能と拡張性の高さにより、小さい=非力はすでに成り立たない。(6月29日掲載開始)

 

【4位】 これで全てが分かる。CORSAIR「330R Silent」徹底解説

今年のPCケースレビュー第1弾にお送りした「330R Silent」。先代「330R」のバリエーションモデルとして登場し、海外では「330R Titanium Edition」の名前で販売された。「手軽に静音マシンが組み込めるミドルレンジ」と締めくくられている。(1月10日掲載開始)

 

【5位】 これで全てが分かる。Thermaltake「Core X9」徹底解説

今年も秀作が揃ったThermaltake。「Core」シリーズの新作は、E-ATXにも対応する大型Cubeだった。当時のメーカー担当氏の提案により、増設可能最大数となる22基のLEDファンを搭載。箱の出し入れと、合計88本のネジ留めで尋常ではない時間を費やした。なおすでに担当氏はこの業界にはいない。(2月28日掲載開始)

 

【6位】 Bay Trail-Dの欠点を克服したファンレスMini-ITXマザー、ASRock「Q2900-ITX」

ASRockのMini-ITXマザーボードが6位にもランクイン。こちらはBay Trail-D(Cedar Trail)Pentium J2900を搭載したファンレスモデルだった。Braswell「N3700-ITX」登場の約半年前に検証を行っている。(1月28日掲載開始)

 

【7位】 サイズ「忍者四」検証

サイズから久々にリリースされた、オリジナルCPUクーラー。冷却機器で10傑上位ランクは、サイズへの根強い人気が窺える。冷却性能の高さは相変わらずだが、今年も「虎徹」人気は衰えず。ライバルは自社にアリといったところ。(4月25日掲載開始)

 

【8位】 これで全てが分かる。Antec「P380」徹底解説

Antecのアッパークラス「P380」は、4mm厚のアルミニウム製フロントパネルを採用。約12kgの重量級フルタワーは、「P280」シリーズの共通シャーシ(改良版)が使われていた。Antecらしからぬモデルという意見もあれど、筆者好みの佳作だった。(2月14日掲載開始)

 

【9位】 これで全てが分かる。Fractal Design「Define S」徹底解説

再びFractal Designから、ミドルタワーの新作「Define S」が9位にランク。水冷の導入を軸に設計された水冷のためのPCケースは、トップパネルに必要部分だけ取り外す事ができるフタ「ModuVent」が採用された。コンセプトに申し分はないものの、着脱機構に未だ疑問が残る。(5月27日掲載開始)

 

【10位】 Skylakeのために生まれたCPUクーラー ENERMAX「ETS-T40Fit Series」

今年大きなトピックになった、Intel第6世代CoreプロセッサSkylakeにいち早く正式対応を謳った、ENERMAXのサイドフロー型CPUクーラーにも注目が集まった。そもそもENERMAXのサイドフローは定番化されており、世代交代も上手にやってのけた。バリエーションモデルを一気に投入するあたりは、売れ筋を窺う作戦といったところ。(8月22日掲載開始)

文: GDM編集部 松枝 清顕

totop