ASUS R.O.G.、専用コンソール付属のOC向けマザーボード「MAXIMUS VIII EXTREME」発売

2015.12.22 11:07 更新

2015.12.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2015年12月22日、R.O.G.シリーズより、専用コンソールが同梱されるSkylake対応オーバークロック向けマザーボード「MAXIMUS VIII EXTREME」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は12月23日より開始され、市場想定売価は税込72,000円前後。
  • ASUS R.O.G.、専用コンソール付属のOC向けマザーボード「MAXIMUS VIII EXTREME」発売
  • ASUS R.O.G.、専用コンソール付属のOC向けマザーボード「MAXIMUS VIII EXTREME」発売

オーバークロック機能に特化したハイエンドマザーボード

MAXIMUS VIII EXTREME 市場想定売価税込72,000円前後(12月23日発売)
http://www.asus.com/jp/News/Rd4bzqJOYcgPusiE
http://www.asus.com/JP/Motherboards/MAXIMUS-VIII-EXTREME/

グローバルプレスリリースで一報をお届けした、ASUS R.O.G.シリーズのオーバークロック向けマザーボード「MAXIMUS VIII EXTREME」の国内発売が23日より開始される。

各種電圧やクロックなどの情報を表示・設定できる専用コンソール「OC Panel II」が付属され、手元で詳細なチューニングが可能。さらにKタイプの温度センサー用端子を2つ搭載し、-200~200℃までの温度計測を行うことができる。

また極冷にも耐えられる高品質コンポーネントで構成されたデジタル電源回路「Extreme Engine Digi+」や、CPU電圧やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」、電源回路を制御する「EPU」、CPUのクロックを生成する「PRO Clock」の3つチューニング向けカスタムチップ、コールドバグを防止する「LN2モード」などのオーバークロック向け機能を多数実装する。

フォームファクタはE-ATX、メモリスロットはDDR4-3,866×4(最大64GB)で、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×8、SATA Express×2、M.2(32Gbps)×1、U.2×1を備える。なお詳細スペックについてはこちらのリリースに詳しいので、合わせて参照いただきたい。

各種電圧やクロックなどの情報を表示・設定できる専用コンソール「OC Panel II」が付属

文: GDM編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/jp/

totop