Xeon E3でゲーミングPCが組める、Intel C232採用マザーボード「E3 PRO GAMING V5」がASUSから

2015.12.22 10:37 更新

2015.12.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2015年12月21日(現地時間)、Xeon E3-1200 v5に対応するゲーミングマザーボード「E3 PRO GAMING V5」を発表した。チップセットにはIntel C232を採用する。
  • Xeon E3でゲーミングPCが組める、Intel C232採用マザーボード「E3 PRO GAMING V5」がASUSから
  • Xeon E3でゲーミングPCが組める、Intel C232採用マザーボード「E3 PRO GAMING V5」がASUSから

Intel C232チップを搭載するゲーミングマザーボード

サーバー・ワークステーション向けチップセットIntel C232を採用するゲーミングマザーボード。ASUS「PRO GAMING」シリーズに属する製品で、フォームファクタATX、CPUはXeon E3-1200 v5の他、Core / Pentium / Celeronシリーズに対応する。

オーディオ回路はS/N比115dBのRealtek「ALC1150」をベースにした「SupremeFX」を搭載。300Ωのヘッドホンアンプや、メイン回路からLEDで分離したシールド構造、電磁干渉を防ぐ「EMIカバー」などを備え、ノイズの少ないピュアなサウンドを楽しむことができる。

またCPU負荷が少なく低レイテンシなIntel製ギガビットLAN、サージや静電気からネットワークを保護する「LAN Guard」、ゲームサウンドから敵の位置を把握できる「Sonic Radar II」、高性能ファンコントローラ「FAX Xpert3」などの独自機能を備える。

主なスペックはメモリスロットがDDR4-2133MHz×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、M.2(32Gbps)×1。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4 / x16形状)×1、PCI-Express3.0(x1)×2、PCI×2を備え、マルチグラフィックスはAMD CrossFre Xに対応する。

SPEC
ソケット:LGA1151
チップセット:Intel C236
フォームファクタ:ATX
メモリスロット:DDR4×4(2,133MHz / 最大64GB)
拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4 / x16形状)×1、PCI-Express3.0(x1)×2、PCI×2
ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、M.2(32Gbps)×1
LAN:ギガビットLAN×1(Intel I219LM)
サウンド:SupremeFX(Realtek ALC1150)
インターフェイス:USB3.1 Type-C×1、USC3.1 Type-A×1、USB3.0×4、USB2.0×2、ギガビットLAN×1、PS/2×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1

文: GDM編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop