Xeon E3-1200 v5対応のサーバー向けMini-ITXマザーボードがMSIから

2015.11.30 14:40 更新

2015.11.27 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2015年11月27日(現地時間)、Xeon E3-1200 v5に対応するサーバー用Mini-ITXマザーボード「MS-S1431」を発表した。
  • Xeon E3-1200 v5対応のサーバー向けMini-ITXマザーボードがMSIから
  • Xeon E3-1200 v5対応のサーバー向けMini-ITXマザーボードがMSIから

Greenlowプラットフォームこと、Skylake版Xeon E3-1200 v5に対応

Skylakeアーキテクチャを採用するXeon E3-1200 v5に対応する、サーバー向けマザーボードの新製品。フォームファクタはMini-ITXで、チップセットはIntel C232 / C236を採用する。

メモリスロットはDDR4-SODIMM×4で最大64GBの大容量メモリを搭載可能。ストレージはSATA3.0(6Gbps)×4、Mini-SAS×1で、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1を備える。

ネットワークはギガビットLAN×2(内1つはマネジメントLANと兼用)、インターフェイスはUSB3.0×2、ディスプレイ出力はD-Sub×1(Aspeed AST2400)。内部ピンヘッダはUSB3.0×1、TPM×1、シリアルポート×1、システムファン×6が用意される。

SPEC
ソケット:LGA1151
チップセット:Intel C232 / C236
フォームファクタ:Mini-ITX
メモリスロット:DDR4-SODIMM×4(2,133MHz / 最大64GB)
拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1
ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×4、Mini-SAS×1
LAN:ギガビットLAN×2(Intel i210AT / i219LM)、マネジメントLAN×1
サウンド:非搭載
インターフェイス:USB3.0×2、D-Sub×1、ギガビットLAN×2(内1つはマネジメントLANと兼用)

文: GDM編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): http://www.msi.com/

totop