KDDI、ケーブルテレビに4Kコンテンツ再生機能を追加する「パワーアップユニット」を提供開始

2015.11.30 13:00 更新

2015.11.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
KDDI株式会社(本社:東京都千代田区)は2015年11月30日、全国のケーブルテレビ事業者向けのセットトップボックス「Smart TV Box」に4K画質の動画再生機能を追加する「パワーアップユニット」を発表した。12月1日より提供が開始される。

セットトップボックス「Smart TV Box」に対応する、Android TV搭載の拡張ユニット

次世代セットトップボックス「Smart TV Box」を大幅に進化させる「パワーアップユニット」が登場!
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2015/11/30/1474.html

KDDIが全国のケーブルテレビ事業者向けに提供している、セットトップボックス「Smart TV Box」に対応する機能拡張用の「パワーアップユニット」。「Smart TV Box」と4K対応テレビの間を中継することで、「ビデオパス」や「ケーブル4K」などのサービスで配信予定の4K動画コンテンツを視聴可能になる。

OSはAndroid 5.1ベースのAndroid TVを搭載し、操作性に優れたUIと高速処理を特徴とする。また、ケーブルテレビやKDDI提供の「ビデオパス」以外にも、YouTubeやHulu、GYAO!など様々な動画サービスを利用可能。スマートフォンとの連携機能(キャスト機能)も備え、スマートフォン上の動画・音楽・ゲームなどのコンテンツを大画面表示することもできる。

対応コーデックは、MPEG-2、MPEG-4、AVC、HEVC 4K / 60p 10bit(Level5.1)など。外形寸法は約W150×D150×H32mm、重量約380g。インターフェイスはHDMI(入力×1、出力×1)、USB2.0×1、有線LAN(100Base-T)×1を備える。

なお「パワーアップユニット」は、12月より大分ケーブルテレコム株式会社(大分県大分市)を通じて提供開始。今後「Smart TV Box」を採用する全国各地のケーブルテレビ事業者へ拡大する。

文: GDM編集部 絵踏 一
KDDI株式会社: http://www.kddi.com/

totop