シェーダ数2,048基の「Tonga」コア採用アッパーミドル、AMD「Radeon R9 380X」発表

2015.11.19 23:01 更新

2015.11.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は日本時間2015年11月19日23時00分、シェーダ数2,048基の「Tonga」コア採用アッパーミドルGPU「Radeon R9 380X」を発表した。
  • シェーダ数2,048基の「Tonga」コア採用アッパーミドル、AMD「Radeon R9 380X」発表

WQHD解像度をターゲットにした新アッパーミドルGPU

AMDより、WQHD(2,560×1,440ドット)解像度をターゲットにしたアッパーミドルGPU「Radeon R9 380X」が発表された。

GPUコアはRadeon R9 380と同じ「Tonga」コアで、Compute Unit数は28基から32基へ、シェーダユニット数は1,792基から2,048基へと向上。対抗とされるNVIDIA GeForce GTX 960を大きく上回る性能を実現している。

Radeon R9 380と同じ「Tonga」コアながら、Compute Unit数を増やすことでパフォーマンスを向上。TDPには変化がないことから、よりワットパフォーマンスに優れるGPUに仕上げられている

主なスペックは、コアクロック970MHz以上、テキスチャユニット128基、ROP数32基、メモリバス幅は256bitで、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載。出力インターフェイスはDVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1を備える。

WQHD解像度によるパフォーマンス比較。GeForce GTX 960のOCモデルと比べても優位性は明らか

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、TDPは190W。対応APIはDirect X12、Mantle、Valkanで、ティアリングを抑える「FreeSync」、高解像度レンダリングによる高精細表示機能「Virtual Super Resolution」、全画面表示時のフレームレート制限する「Frame Rate Target Control」機能に対応する。

「Radeon R9 380X」なら多くのゲームで、WQHD解像度なら50fps以上、フルHDなら70fps以上のフレームレートが期待できる
アッパーミドルらしく、多くのメーカーからカスタマイズモデルの登場が予定されている

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop