Western Digital、約190億ドルでSanDiskの買収を発表

2015.10.21 22:49 更新

2015.10.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Western Digital Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2015年10月21日(現地時間)、SanDisk Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)の買収を発表した。買収額は約190億ドルで、買収完了は2016年第3四半期予定。

Western Digital、NANDフラッシュソリューション強化のためSanDiskを買収

現地時間10月21日、アメリカ カリフォルニア州に本拠地を置Western Digital Corporationは、NANDフラッシュ製品を得意とするSanDisk Corporationの買収を発表した。既に両社の取締役会にて承認されており、買収金額は約190億ドル(原稿執筆時点での為替レートで約2兆2800億円)、買収完了は2016年第3四半期予定。

今回の統合により、Western Digitalでは従来の幅広いHDDソリューションに加え、コンシューマーからエンタープライズまでを網羅するSSDソリューションの強化に成功。これにより、あらゆるニーズに応えられるストレージソリューションの提供が可能になるとしている。

なお約15年間にわたりSanDiskと協力関係にある東芝との協業は継続される予定で、今後も「安定したNAND供給と3D NANDなどの最新フラッシュ技術の開発を進めて行く」とのこと。

文: GDM編集部 池西 樹
Western Digital Corporation: http://www.wdc.com/
SanDisk Corporation: http://www.sandisk.com/

totop