8コアSoC Xeon D-1540搭載Mini-ITXマザーボード、ASRock Rack「D1540D4I」など2種

2015.10.21 10:40 更新

2015.10.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)のサーバー / ワークステーション向けブランドASRock Rackは2015年10月20日(現地時間)、Intelのサーバー向けSoC Xeon Dシリーズを搭載するMini-ITXマザーボード「D1540D4I」「D1520D4I」を発表した。
  • 8コアSoC Xeon D-1540搭載Mini-ITXマザーボード、ASRock Rack「D1540D4I」など2種
  • 8コアSoC Xeon D-1540搭載Mini-ITXマザーボード、ASRock Rack「D1540D4I」など2種

Intel初のサーバー向けSoC Xeon Dシリーズ搭載

Intel初のSoC版サーバープロセッサ、Xeon Dを搭載するマザーボードの新製品。フォームファクタはMini-ITXで、プロセッサの違いにより、8コアのXeon D-1540を採用する「D1540D4I」と、4コアのXeon D1520を採用する「D1520D4I」の2種がラインナップされる。

プロセッサの冷却は空冷ファン方式で、メモリスロットはDDR4×4(クアッドチャネル対応 / 最大128GB)、ストレージはSAS×1(SATA3.0×4増設可能)、SATA3.0(6Gbps)×2(内1ポートはSATA DOM対応)。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1で、ネットワークはギガビットLAN×1(Intel i210)、マネジメントLAN×1を備える。

リアインターフェイスはUSB3.0×2、ディスプレイ出力はD-Sub×1(ASPEED AST2400 / 16MBメモリ)。OSは、Windows Server 2012 R2 / 2012 / 2008 R2、Cent OS 7.0 / 6.6、SUSE Enterprise Linux Server 11 SP3、FreeBSD 10.1、Fedora Core 22、Ubuntu 14.10 / 14.10、RedHat Enterprise Linux Server 7.0 / 6.6、VMWare ESXi 5.5に対応する。

SPEC
ソケット:Xeon D-1540 / Xeon D-1520
チップセット:SoC内蔵
フォームファクタ:Mini-ITX
メモリスロット:DDR4×4(最大128GB)
拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1
ストレージ:SAS×1(SATA3.0×4増設可能)、SATA3.0(6Gbps)×2(内1ポートはSATA DOM対応)
LAN:ギガビットLAN×2(Intel i210)、マネジメントLAN×1
サウンド:非搭載
インターフェイス:USB3.0×2、D-Sub×1、ギガビットLAN×2、マネジメントLAN×1

文: GDM編集部 池西 樹
ASRock Incorporation(ASRock Rack): http://www.asrockrack.com/

totop