おサイフケータイなど厳選3機能を搭載した、アナログなスマート腕時計「wena wrist」がソニーから

2015.08.31 15:21 更新

2015.08.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ソニー株式会社(本社:東京都港区)は2015年8月31日、新規事業創出プログラムの新プロジェクトとして、腕時計バンドにスマートウォッチの機能を搭載させた「wena wrist(ウェナ リスト)」のクラウドファンディングを開始しした。目標金額は1千万円で、期間は2ヶ月間。

バンド部分にスマート機能を内蔵した新デバイスがクラウドファンディングに登場

ソニーの新規事業創出プログラムから「wena wrist」登場!「First Flight」で期間限定クラウドファンディング中
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201508/15-0831B/
https://first-flight.sony.com/pj/5/wena%20wrist

ヘッドに通常のアナログ時計を採用しつつ、バンド部分にスマートウォッチ的機能を搭載させた「wena wrist」がソニーからリリース。「First Flight」によるクラウドファンディングが開始された。目標金額を達成した場合、出資者は完成した製品をいち早く受け取ることができる。

多機能すぎないことをコンセプトに、厳選した3つの機能をバンドに内蔵。非接触IC技術「FeliCa」によるおサイフケータイ機能と、スマートフォンと連携して電話やメール・SNSの着信を振動と光で確認できる通知機能、さらに歩数や消費カロリーを確認できる活動量計としてのログ機能を備えている。

Three Hands Chronograph Premium Black

バンド部分には基板やアンテナ、バッテリーなど各種部品を分散配置、従来の腕時計バンドと違和感のないように工夫された。ステンレス素材「SUS316L」(サージカルスチール)を採用し、耐食性に優れた防水仕様となっている。
 また、ベース部分(ラグ)から脱着可能な時計ヘッドはシチズン時計株式会社が設計・製造を担当。「Chronograph」(クロノグラフ)と「Three Hands」(3針)をラインナップする。

出資金額は、34,800円コース(特別価格)が完売し、39,800円コースから。通常のシルバーモデルに加え、IP(イオンプレーティング)処理を施した上位モデル「Premium Black」も49,800円から選択できる。プロジェクト達成の場合、2016年3月より順次出荷が開始される予定。

文: GDM編集部 絵踏 一
ソニー株式会社: http://www.sony.jp/

totop