Lattice、USB Type-Cで4K映像とUSB3.1データを同時伝送するsuperMHLソリューションを提供開始

2015.08.04 12:37 更新

2015.08.03 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Lattice Semiconductor Corporation(本社:アメリカ オレゴン州)は2015年8月3日(現地時間)、USB Type-Cで4K映像とUSB 3.1データを同時伝送するsuperMHLソリューションを発表した。

低消費電力のsuperMHL送受信ICペアで高精細映像&高速データ伝送

Lattice Releases World’s First superMHL Solutions for USB Type-C to Deliver 4K 60fps Video with Concurrent USB 3.1 Data
http://www.latticesemi.com/en/About/Newsroom/PressReleases/2015/201508WorldsFirstsuperMHLSolutionsforUSBTypeCtoDeliver4K60fpsVideowithConcurrentUSB31Data.aspx

USB Type-Cコネクタを介して、4K(60fps/RGB 4:4:4)映像とUSB3.1(Gen 1/Gen 2)データを伝送できる、世界初のsuperMHLソリューションがLatticeからリリースされた。現在評価キットの提供が開始されている。

低消費電力のsuperMHLトランスミッター・レシーバーのセットで構成され、トランスミッターには「SiI8630」、レシーバーには「SiI9396」のSilicon Image製ICを採用。シングルレーンでの4K 60fps送受信を可能にしている。

「SiI8630」トランスミッターは既存のHDMI 2.0トランスミッターとの互換性が確保されているほか、外部スイッチ不要でUSB Type-Cコネクタと接続可能。「SiI9396」レシーバーは主にMHLアダプタ・ドック向けで、USB Type-C対応のモバイル端末やPCに対し、HDMIディスプレイやキーボード・マウス、外部ストレージなどのUSB機器を接続できる。

文: GDM編集部 絵踏 一
Lattice Semiconductor Corporation: http://www.latticesemi.com/

totop