OC性能の“松竹梅”で最大1,050ドル。コア2,100MHzを狙える究極OC版「GTX 980 Ti K|NGP|N」EVGAから

2015.07.21 11:16 更新

2015.07.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
EVGA Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2015年7月21日、最高峰のオーバークロックパフォーマンスを誇るGeForce GTX 980 Tiグラフィックスカード「EVGA GeForce GTX 980 Ti K|NGP|N」(型番:06G-P4-5998)を発表した。直販売価は最大1,049.99ドルで、7月22日の10:00(PT)より購入が可能になる。
  • OC性能の“松竹梅”で最大1,050ドル。コア2,100MHzを狙える究極OC版「GTX 980 Ti K|NGP|N」EVGAから
  • OC性能の“松竹梅”で最大1,050ドル。コア2,100MHzを狙える究極OC版「GTX 980 Ti K|NGP|N」EVGAから

14+3フェーズ電源や12層基板採用。2,000MHzオーバーを狙うエンスー向けGTX 980 Tiカード

EVGA GeForce GTX 980 Ti K|NGP|N(型番:06G-P4-5998)
直販売価849.99~1,049.99ドル(7月22日発売予定)
http://www.evga.com/about/pressrelease/default.asp?id=226
http://www.evga.com/articles/00944/EVGA-GeForce-GTX-980-Ti-KINGPIN/

著名オーバークロッカーのVince“K|NGP|N”Lucido氏が開発に参加した、優れたオーバークロック性能を誇るGeForce GTX 980 Ti搭載グラフィックスカード。おおよそのオーバークロック性能を示す「GPU ASIC」別に複数のモデルをラインナップ、ユーザーが選択できるユニークな方式を採用する。なお、価格は「80%+」が1,049.99ドル、「76%+」が999.99ドル、「74%+」が899.99ドル、「72%+」が849.99ドル。購入にはEVGAアカウントが必要となる。

最大600Aを供給できる14+3フェーズの電源回路を搭載し、補助電源は8+8+6pin仕様。堅牢な12層PCBを採用するほか、オーバークロック向けを含むトリプルBIOSを実装する。スペックはコアベースクロック1,203MHz(リファレンス1,000MHz)、ブーストクロック1,304MHz(同1,075MHz)、メモリクロック7,096MHz(OCモード/同7,010MHz)で、メモリバス幅384bit、GDDR5 6GBのビデオメモリを内蔵。
 なお、K|NGP|N氏による極冷オーバークロックでは、コアクロック2,100MHz、メモリクロック8,212MHzを実現している。

冷却機構は、60℃以下の低負荷時にファンを停止させるセミファンレス仕様の「ACX 2.0+」を搭載。動作モードに応じて発光パターンが変化する、フルカラーのカスタムLEDも備える。出力インターフェイスはminiDisplayPort×3、DVI-I×1、HDMI×1の5系統。クーラーを水冷仕様に換装した場合に備え、シングルスロット用ブラケットも付属する。

SPEC
GPU:NVIDIA GeForce GTX 980 Ti
CUDAコア数:2,816基
コアベースクロック:1,203MHz(リファレンス1,000MHz)
ブーストクロック:1,304MHz(同1,075MHz)
メモリクロック:7,096MHz(OCモード/同7,010MHz)
メモリバス幅:384bit
ビデオメモリ:GDDR5 6GB
出力インターフェイス:DVI×1、HDMI×1、miniDisplayPort×3
VGAクーラー:ACX 2.0+
バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)

文: GDM編集部 絵踏 一
EVGA Corporation: http://www.evga.com/

totop