MSI、オリジナルクーラー搭載のRadeon Rx 300シリーズ計9モデル発表

2015.06.18 23:00 更新

2015.06.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社(本社:東京都台東区)は2015年6月18日、オリジナルクーラーを搭載するRadeon Rx 300シリーズグラフィックスカード計9モデルについて、国内市場向け取り扱い開始を発表した。いずれも6月20日より発売が開始される予定だ。

オリジナルクーラー「Twin Frozr V」または「Armor 2X」を搭載

R9 390X GAMING 8G 市場想定売価税抜63,580円(6月20日発売)
R9 390 GAMING 8G 市場想定売価税抜48,880円(6月20日発売)
R9 380 GAMING 4G 市場想定売価税抜33,480円(6月20日発売)
R9 380 GAMING 2G 市場想定売価税抜30,980円(6月20日発売)
R7 370 GAMING 4G 市場想定売価税抜25,600円(6月20日発売)
R7 370 GAMING 2G 市場想定売価税抜22,780円(6月20日発売)
R9 380 2GD5T OC 市場想定売価税抜28,780円(6月20日発売)
R7 370 2GD5T OC 市場想定売価税抜22,090円(6月20日発売)
R7 360 2GD5 OC 市場想定売価税抜15,400円(6月20日発売)
http://jp.msi.com/product/vga/#?category=AMD

AMDの新GPU Radeon Rx 300シリーズを搭載するグラフィックスカードがMSIからリリースされた。製品ラインナップは「GAMING」シリーズ6モデル、「Armor」シリーズ3モデルの計9モデルで、いずれも6月20日より国内発売が開始される。

「GAMING」シリーズモデルは、100mm径のTorxファンをデュアル実装するオリジナルクーラー「Twin Frozr V」を搭載。ヒートパイプはφ8mmのスーパーパイプとφ6mmを組み合わせ、それらをS字とU字に配置する「SuperSU」アーキテクチャにより、高い冷却性能を実現する。さらに低負荷時にはファンの回転を停止させる「Zero Frozr」や、LEDライティング機能「LEDコントロール」を備える。

「Armor」シリーズは、従来ファンより風量が20%多い、プロペラブレードファンを採用する「Armor」クーラーを搭載。さらに上位モデルはデュアルファン構成とすることで、冷却性能を高めた。

「R9 390X GAMING 8G」は、Radeon R9 390Xを搭載する「GAMING」シリーズモデル。プロセッサ数は2,816基、コアクロックは1,100MHz、メモリクロック6,100MHz、メモリバス幅512bitで、GDDR5 8GBのビデオメモリを搭載する。

「R9 390 GAMING 8G」は、Radeon R9 390を搭載する「GAMING」シリーズモデル。プロセッサ数は2,560基、コアクロックは1,060MHz、メモリクロック6,100MHz、メモリバス幅512bitで、GDDR5 8GBのビデオメモリを搭載する。

R9 380 GAMING 4G R9 380 GAMING 2G

「R9 380 GAMING 4G」「R9 380 GAMING 2G」は、Radeon R9 380を搭載する「GAMING」シリーズモデル。前者はメモリクロック5,700MHzで、GDDR5 4GBメモリを、後者はメモリクロック5,500MHzで、GDDR5 2GBメモリを搭載する。それ以外のスペックは共通で、プロセッサ数は1,792基、コアクロックは1,000MHz、メモリバス幅256bit。

R7 370 GAMING 4G R7 370 GAMING 2G

「R7 370 GAMING 4G」「R7 370 GAMING 2G」は、Radeon R7 370を搭載する「GAMING」シリーズモデル。前者はベースクロック1,020MHz、ブーストクロック1,070MHzで、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載。後者はベースクロック1,000MHz、ブーストクロック1,050MHzで、GDDR5 2GBのビデオメモリを搭載する。それ以外のスペックは共通で、プロセッサ数は1,024基、メモリクロック5,700MHzで、メモリバス幅は256bit。

R9 380 2GD5T OC R7 370 2GD5T OC

「R9 380 2GD5T OC」は、Radeon R9 380を搭載する「Armor 2X」シリーズモデル。プロセッサ数は1,792基、コアクロックは980MHz、メモリクロック5,500MHz、メモリバス幅256bitで、GDDR5 2GBのビデオメモリを搭載する。

「R7 370 2GD5T OC」は、Radeon R9 370を搭載する「Armor 2X」シリーズモデル。プロセッサ数は1,024基、ベースクロックは970MHz、ブーストクロックは1,020MHz、メモリクロック5,600MHz、メモリバス幅256bitで、GDDR5 2GBのビデオメモリを搭載する。

R7 360 2GD5 OC           

「R7 360 2GD5 OC」は、Radeon R9 360を搭載する「Armor」シリーズモデル。プロセッサ数は768基、コアクロックは1,100MHz、メモリクロック6,500MHz、メモリバス幅128bitで、GDDR5 2GBのビデオメモリを搭載する。なお各モデルの詳細スペックは以下の通り。

文: GDM編集部 池西 樹
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社: http://jp.msi.com/

totop