歴代モデル最薄・最軽量。Atom X7搭載のWindows 8.1タブレット、マイクロソフト「Surface 3」

2015.04.01 11:03 更新

2015.03.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Microsoft Corporation(本社:アメリカ・ワシントン州)は2015年3月31日(現地時間)、Windows 8.1を搭載する10.8インチタブレット「Surface 3」を発表した。グローバルにて5月5日より発売が開始される予定で、市場想定売価は499ドルから。
  • 歴代モデル最薄・最軽量。Atom X7搭載のWindows 8.1タブレット、マイクロソフト「Surface 3」

フルWindows 8.1搭載。実質的な「Surface Pro 3」の廉価版が登場

Surface 3 市場想定売価499ドルから(5月5日発売予定)
http://news.microsoft.com/2015/03/31/microsoft-introduces-surface-3-the-thinnest-and-lightest-surface-yet/

MicrosoftのWindowsタブレット「Surface」シリーズの新モデル「Surface 3」がリリース。OSはRTではなくWindows 8.1を搭載し、Windows 10へのアップデートにも対応する。厚みは8.7mmで重さもわずか622gと、歴代シリーズで最薄・最軽量のボディが特長。microsoftstore.comでのプレオーダーも開始されているほか、2015年後半にはLTE対応モデルも発売される見込みだ。

プロセッサには、Intelの新型モバイル向け「Atom X7」を搭載。ディスプレイは1,920×1,280ドットの10.8インチClearType HDマルチタッチ液晶を採用し、筆圧感知対応のデジタイザペン「Surface Pen」による手書き入力もサポートする。そのほか、フロント350万画素/リア500万画素のカメラやDolby audio対応のステレオスピーカーを実装。ネットワークはBluetooth 4.0、IEEE802.11ac対応の無線LANに対応する。

インターフェイスは、フルサイズのUSB3.0、miniDisplayPort、microSDスロット、充電用のmicroUSBを実装。動画再生で最長10時間駆動するなど、長大なバッテリーライフも特長とする。

なお、一体型のカバーキーボード「Surface 3 Type Cover」や4色の「Surface Pen」、「Surface 3 Docking Station」などの各種アクセサリも同時に発売される。

文: GDM編集部 絵踏 一
Microsoft Corporation: http://www.microsoft.com/

totop