4mm厚高剛性アルミパネル採用のフルタワーPCケース、Antec「P380」2月上旬発売

2015.01.23 08:45 更新

2015.01.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店、株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2015年1月23日、優れた静音性と冷却性能を備えたフルタワーPCケース「P380」について、新規取扱い開始を発表した。発売は2月7日で、市場想定売価は税抜35,490円。
  • 4mm厚高剛性アルミパネル採用のフルタワーPCケース、Antec「P380」2月上旬発売
  • 4mm厚高剛性アルミパネル採用のフルタワーPCケース、Antec「P380」2月上旬発売

フロント&トップに4mm厚アルミニウムパネル採用

P380 市場想定売価税抜35,490円(2月7日発売)
http://www.links.co.jp/item/p380/

AntecブランドからE-ATX対応フルタワーPCケース「P380」が登場。国内市場では2月7日より発売が開始される。

フロントとトップは4mm厚高剛性アルミニウムパネルを採用。PCケース内部の駆動音を遮断する役割を果たす。さらにサイドパネルはスチールとポリカーボネートを貼り合わせた二層構造の遮音パネルを採用し、音漏れと共振を抑える効果が期待できる。なおメンテナンス性に優れた着脱式トップパネルは、流体解析されたスリット加工が施され、エアフローの最適化が施されている。

フロント&トップに採用される4mm厚の高剛性アルミニウムパネル スチールとポリカーボネートを張り合わせた二層の遮音パネル

ドライブベイレイアウトは、2.5/3.5インチ共用シャドウベイ8段を備える他、フロントパネル内側には増設用5.25インチスリムベイを備えた。

2.5/3.5インチ共用シャドウベイは全8段。ストレージデバイスは専用トレイにマウント

冷却ファンレイアウトは、フロント120mm×3基または140mm×2基、トップ部120mm×3基または140mm×2基(回転数2段階調整スイッチ付き)、リア120mm×1基(回転数2段階調整スイッチ付き)で、トップ部に140mm×2基、リア部に120mm×1基がそれぞれ標準搭載される。

トップ部にはAntecの水冷一体型ユニット「Kuhler H2O 1250」等が搭載可能。背面には冷却ファン用電源分岐基板が装備される

その他、フロントと電源ユニット搭載部にダストフィルタを装備。フロントアクセスポートにUSB3.0×2、USB2.0×2、Audio in/out×1を備える。

外形寸法はW223.6×D557×H555mm、重量12kg。拡張カード有効スペースは最大465mmまで、CPUクーラーは高さ180mmまで、電源ユニットは奥行き200mmまで。

文: GDM編集部 松枝 清顕
Antec: http://www.antec.com/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop