ギガビットLANやUSBハブ機能を統合したHDDクレードル、HighPoint「RocketStor 5411D」

2015.01.21 15:30 更新

2015.01.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
HighPoint Technology(本社:アメリカ)は2015年1月20日(現地時間)、I/Oドック機能を備えたHDDクレードル「RocketStor 5411D」を発表した。1月中旬より発売が開始され、市場想定売価は119ドル。
  • ギガビットLANやUSBハブ機能を統合したHDDクレードル、HighPoint「RocketStor 5411D」
  • ギガビットLANやUSBハブ機能を統合したHDDクレードル、HighPoint「RocketStor 5411D」

I/Oドック機能を搭載するUSB3.0対応HDDクレードル

ストレージ系アイテムを得意とするHighPointブランドから、USB3.0対応HDDクレードルの新作「RocketStor 5411D」がリリースされた。

ストレージは2.5/3.5インチのSATA3.0(6Gbps)ドライブに対応。また本体にはUSB3.0×2ハブ、オーディオ入出力、ギガビットイーサネット、UHS-I対応SDカードリーダ機能が実装され、マルチI/Oドックとしても使用できる。

電源はACアダプタ駆動で、PC電源OFF時でもUSBハブポートからスマートフォンの充電が可能。外形寸法は、W87.1×L137.9×H65mm、重量約277g。対応OSはWindows、Linux、Mac OS X。

豊富なインターフェイスを搭載するHDDクレードル「RocketStor 5411D」。拡張性の乏しいスリムノートPCのアップグレードに最適

文: GDM編集部 池西 樹
HighPoint Technology: http://www.highpoint-tech.com/

totop