Intel、14nmプロセス採用のノートPC向けプロセッサ「第5世代Core」シリーズ発表

2015.01.06 11:11 更新

2015.01.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2015年1月5日(現地時間)、コードネーム「Broadwell-U」ことノートPC向けプロセッサ「第5世代Core」シリーズを発表した。
  • Intel、14nmプロセス採用のノートPC向けプロセッサ「第5世代Core」シリーズ発表

グラフィックス性能を強化したノートPC向けプロセッサ

Intelより、コードネーム「Broadwell-U」ことノートPC向けプロセッサ「第5世代Core」シリーズがリリースされた。

昨年9月に正式リリースされた「Core M」シリーズと同様、14nmプロセスのCoreマイクロアーキテクチャを採用。既存モデルからグラフィックス性能が大幅に改良され、3Dグラフィックス性能は最大22%、ビデオエンコード性能は最大50%向上しているという。

「第5世代Core」シリーズでは、プロセスの微細化によりトランジスタ数が増加しているにもかかわらず、ダイサイズは小型化された

またプロセスの微細化により、トランジスタ数は増加しているにもかかわらず、ダイサイズの大幅な削減に成功。またバッテリー駆動時間を最大1.5時間延長した他、3Dカメラモジュールと組み合わせた「Intel RealSense Technology」や、ワイヤレスによる映像伝送技術「Intel WiDi v5.1」などの機能が追加されている。

製品ラインナップはTDP 15WのIntel HD Graphicsモデル10種と、TDP 28WのIntel Iris Graphicsモデル4種の計14種。CPUはデュアルコアで、Hyper-Threading機能に対応する。なお各モデルの詳細スペックは以下の通り。

文: GDM編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop