Nantena(パソコン工房)、PCIe(x1)をPCIe(x16)形状スロットに変換できる基板

2014.11.28 14:50 更新

2014.11.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
株式会社ユニットコム(本社:大阪市浪速区)が展開するパソコン工房のガジェット系通販サイトNantenaは2014年11月28日、PCI-Express(x1)をPCI-Express(x16)形状スロットに変換できる基板「E060 USB3.0 PCI-E[x1] - PCI-E[x16]バス変換」を発表した。直販価格は税抜799円で、既に販売が開始されている。
  • Nantena(パソコン工房)、PCIe(x1)をPCIe(x16)形状スロットに変換できる基板

空きPCIe(x1)スロットを有効活用できる変換基板

E060 USB3.0 PCI-E[x1] – PCI-E[x16]バス変換
直販価格税抜799円(発売中)
http://www.pc-koubou.jp/goods/1170274.html

パソコン工房が展開する、デジタル雑貨・ガジェット系サイトNantenaより、変換基板キットが発売された。

マザーボードのPCI-Express(x1)スロットに基板を取り付け、USB3.0ケーブルでPCI-Express(x16)形状の拡張カードを接続できるというもの。付属のUSB3.0ケーブルは長さ1mで、PCケースの外へ取り回す事も可能。ただしPCI-Express(x16)バス基板にSATA電源ケーブルを接続する必要がある。

外形寸法は拡張カード側基板がW24×D15×H135mm、マザーボード側基板がW29×D8×H32mm。製品保証は1ヶ月。

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社ユニットコム: http://www.unitcom.co.jp/
Nantena: http://www.pc-koubou.jp/goods/nantena.php

totop