ロングVGAも搭載できるMicroATX対応Cube型PCケース、Antec「ISK600M」近日発売

2014.11.17 11:41 更新

2014.11.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Antec(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2014年11月17日、MicroATXフォームファクタに対応するCube型PCケース「ISK600M」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は11月22日で、市場想定売価は税抜10,574円前後。
  • ロングVGAも搭載できるMicroATX対応Cube型PCケース、Antec「ISK600M」近日発売
  • ロングVGAも搭載できるMicroATX対応Cube型PCケース、Antec「ISK600M」近日発売

高い拡張性を実現したMicroATX対応Cube型PCケース

ISK600M 市場想定売価税抜10,574円前後(11月22日発売)
http://www.links.co.jp/item/isk600m/

「ISK600M」は、マザーボードトレイ下部に電源ユニットとストレージベイを設けることで、高い拡張性を実現したMicroATX対応Cube型PCケース。

冷却システムは、フロント120mm×2/140mm×1(140mmファン標準)、リア120mm×1+80mm×1(120mmファン標準)、サイド120mm×1で、「Kuhler H2O 950/650」などのオールインワン水冷ユニットにも対応。またフロントパネル横のエアスリットと、サイドメッシュパネルにより、効率的なエアフローを実現させた。

サイドパネルに通気口を設けることで、効率的なエアフローを実現

ドライブベイレイアウトは、スリム光学ベイ×1、3.5インチシャドウベイ×2、2.5/3.5インチ兼用シャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×3。拡張スロットは4段で、グラフィックスカードは全長317mmまでサポートされる。

オプションの電源ユニットはボトム配置で、180mmまでのATXユニットを実装可能。対応フォームファクタはMicroATX/Mini-ITX。フロントI/Oは、USB3.0×1、USB2.0×1、オーディオ入出力×2を備え、電源ユニットの吸気口にはダストフィルタが搭載される。

外形寸法は、W273×D355×H298mm、重量約4.5kg。なおCPUクーラーは全高174mmまで。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/
Antec: http://www.antec.com/

totop