主要キーをバックライトで色分けした赤軸採用ゲーミングキーボード、Ozone「Strike Pro」近日発売

2014.11.07 11:23 更新

2014.11.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Ozone Gaming Gear(本社:スペイン)国内正規代理店の有限会社サントラスト(本社:大阪府東大阪市)は2014年11月7日、Cherry MX赤軸を採用するゲーミングキーボード「Strike Pro」および、高精度レーザーセンサーマウス「neon」シリーズについて、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は11月12日より開始され、市場想定売価は税抜14,630円と税抜6,463円。

内蔵メモリに最大30種類のマクロを登録可能

Strike Pro(型番:OZSTRIKEPROUS)
市場想定売価税抜14,630円(11月12日発売)
http://www.sun-trust.net/products/oz/2028.html
neonシリーズ 市場想定売価税抜6,463円(11月12日発売)
OZNEONBK(ブラック)/OZNEONBL(ブルー)
OZNEONR(レッド)/OZNEONW(ホワイト)
http://www.sun-trust.net/products/oz/2029.html

Ozoneブランドのゲーミングデバイス2種について、国内市場での発売日および市場想定売価がアナウンスされた。発売元は有限会社サントラスト。

「Strike Pro」は、Cherry MX赤軸を採用したゲーミングキーボード。主要キー(ESC/QWEASD/4方向の矢印キー)を色分けしたバックライトを実装することで、ゲームプレイ中のキー認識性を向上。また64KBのメモリが内蔵され、最大30種類(6マクロキー)の操作を登録しておくことができる。

インターフェイスはUSB2.0。キー配列はUS英語配列で、アンチゴースト、ポーリングレート調整、Windowsキー無効化などの機能を搭載。外形寸法は、W441.25×D135.70×H34.30mm、重量約1,300g、ケーブル長は約1.5m。

neonシリーズ

「neon」シリーズは、最大解像度6,400DPIの高精度レーザーセンサーを搭載したゲーミングマウス。利き手を選ばない左右対称デザインで、表面には滑り止めを兼ねたラバー加工を施した。

解像度はトグルボタンで800/1,800/3,500/6,400DPIの4段階に調整可能。ボタン数は8つで、専用ソフトを使えば、マクロ登録(5プロファイルまで)の他、ポーリングレート、応答速度などを設定することができる。

本体カラーは、ブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4色展開。インターフェイスはUSBで、重量は120g、ケーブル長は約1.8m。

文: GDM編集部 池西 樹
有限会社サントラスト: http://www.sun-trust.net/
Ozone Gaming Gear: http://www.ozonegaming.com/

totop